借金の任意整理とその費用|自己破産の神様

MENU
 

お金

任意整理は裁判所などの公的機関を利用しない為、もっともお手軽な借金整理方法です。

ここでは、任意整理についての内容と任意整理をするために掛かる費用について解説をしています。

 

任意整理とは

 
お金を借りたにもかかわらずその借金の返済ができなくなった場合、解決手段としてもっとも取られる手法が任意整理です。

裁判所を通さない借金整理方法のため年間の任意整理件数の具体的な値は分からないのですが、自己破産申立件数が年間約10万件であることから任意整理の年間件数はおよそ300万~500万件と言われています。

任意整理では、債権者とじかに借金の減額交渉を行います。

任意整理は文字通り「任意」なので、債務者が借金減額の交渉をしたいと債権者に申し出ても断られることも多いです。

借金関係の法的知識を何も持ち合わせていない素人が任意整理をしようとしても、債権者に無視されることも多いですし、例え交渉をしてくれたとしても有利な条件を引き出すのはまず無理です。

ですから、任意整理は借金をしたご本人が債権者と直接交渉をすることも可能ですが、一般的には弁護士あるいは司法書士に任意整理の代理交渉を依頼することになります。

一般的に任意整理で行われる借金の減額内容は、支払期限の延期(月1回の支払額の減額)と貸付金利低減による利息支払いの減額です。また、過去に支払い過ぎた過払い金がある場合は、引き直し計算が行われ、適正貸付金利で借金額の再計算を行います。

任意整理で、貸し出した元本分が減額されることはまずありませんが、多額の過払い金がある場合は引き直し計算をすることで元本の支払いもかなり進んでいたということがあります。場合によっては、既に借金は完済済みで過払い金の一部が返金されることもあります。
 

掛かる費用は

 
法律事務所を利用しなければ、弁護士などに支払う報酬は発生しません。

ですが、上で述べたように債権者との交渉で有利な条件を引き出すためには、自分自身で直接交渉ができる任意整理であっても債務整理専門の法律事務所に交渉を依頼した方が良いです。

任意整理で法律事務所を利用した場合に掛かる費用は、一律とはなっていないので法律事務所ごとに異なります。よって、以下の任意整理に掛かる費用の値は平均的な値となります。

任意整理をするための費用(概算値)は、
  • 着手金:3~5万円
  • 減額成功報酬:減額できた金額の10%
  • 過払い金返還成功報酬:返還金額の20%
です。
 
 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談