両国で自己破産を扱う弁護士の法律事務所10件、無料相談も可

MENU

両国で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

両国で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる両国の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、両国などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら


 

両国にある自己破産ができる司法書士事務所

荒川司法書士事務所

自己破産の無料相談
所在地 菊川3丁目21番3号 20 地図
営業時間
電車アクセス 菊川駅・両国駅
電話 03-3633-7880

自己破産その他の法律問題を抱えている方々にとって気軽に利用できる、ホスピタリティ精神のある両国そばの法務事務所です。

 

信販会社やサラリーマン金融、商工ローンや闇金融などから融資を受けた結果、その支払いに窮して取り立てを受けた為に、離婚などの家庭崩壊や一家離散といった状況に直面している様な方には、妥当といえる自己破産などの手続きを両国そばで行うことで、督促の不安から解放されて家族関係の修復を図るための支援をしています。

 

両国のそばにある当所では「合法的に借金を棒引きできる自己破産」、「払い過ぎたお金を取り返す過払金請求」、「持ち家を保持しつつ、負債を大幅に圧縮する民事再生」、「調停委員が当事者間の仲立ちをする特定調停」といった借入金の整理、そして遺言書の作成や成年後見、商業登記や不動産登記などの手続きを実施しています。

 

司法書士長田事務所

自己破産の無料相談 〇(ナイター無料相談も有り)
所在地 両国2丁目21番5号 507 地図
営業時間 平日10:00-18:00
電車アクセス 両国駅
電話 03-3635-2119

当所の要点は「法務に関する相談は、当日予約や週末の土曜・日曜にも予約が可能」、「両国駅の駅前という好立地」、「自己破産などの借金相談では、法律用語を用いずに平易な分かり易い言葉遣いで説明」です。

 

消費者金融や銀行カードローン、街金やヤミ金などの貸金業者を利用した結果、その支払いに行き詰り、取立てから逃れるために自殺や雲隠れ、夜逃げなども思い浮かんでいる様な多重債務者には、自己破産手続きを施すことで、借金をリセットして人生をやり直すためのお手伝いを両国で行っています。

 

両国の当所に自己破産手続きを頼む場合に生ずる料金の詳細には「事案の処理を開始する時に生じる着手金」、「事案の処理を完了した時に成功度合いに比例して生じる報酬金」、「郵便切手代や印紙代などの経費として生じる実費」、「出張をして遠出をした場合に生じる日当」となります。

 

法務大臣認定司法書士 若松事務所

自己破産の無料相談
所在地 菊川1-2-5 春日ビル2F 地図
営業時間
電車アクセス JR両国駅・森下駅
電話 0120-73-8058

創業から25年ほどの実績のある法務事務所で、両国とその周辺地域に根付いて、自己破産その他の法務サービスを適確かつスピーディ、そして誠実に皆様にお届けしています。

 

サラ金からのキャッシングやクレジットカードを使ったショッピングを乱用した為に生活苦になるというクレサラ問題を抱えた方には、自己破産や個人再生、過払金返還請求といった複数の負債の整理方法から個々の利点と欠点を踏まえた上で、両国で事案にマッチして適切な方法を選んで実行をすることで、経済的な立て直しを図るサポートをしています。

 

自己破産などの負債の整理手続きでは、両国にある当所は、セゾンカードやオリコカード、ライフカード、そして、ノーローンやアコム、モビットなどの金融機関と交渉をした経験があります。

自己破産の対象地域は両国

上記掲載の両国の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

東急電鉄の両国駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

両国に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

自己破産後の生活が不安で踏み出せずにいた

自分の置かれている状況が自己破産をしなければいけない状況であることは分かっていました。

 

借金の総額は600万円超もありました。月々の返済額は給料の半分以上だったのです。

 

光熱費の支払いもいつも遅れており、供給ストップされてしまう事も多々ありました。でも、自己破産の後の生活が不安で、どうしても手続きができなかったのです。

 

破産者として後ろ指を指されないだろうか、職場で嫌がらせされたり首になったりしないだろうか、そんなことばかり考えていました。

 

でも借金についてネットで相談したり調べたりしてみると、職場・近所・親戚ばれはほぼないというのです。

 

もちろん100パーセントではありませんが、破産者である事がばれるのは自分自身で打ち明けるか官報を見られてしまう場合かのどちらかに絞られます。

 

官報って特殊な仕事をしている人ぐらいしか見ないらしいです。親戚にも金融機関に勤めている人なんていないだろうし、思い切って両国で自己破産をする事にしました。

 

実際、自己破産の手続きが済んだ後も、両国での生活は何も変わりませんでした。借金が無くなった事によって心の重荷が無くなり、元気になりました。

 

借金の審査に通らなくなるといいますが、今の両国での生活で上手にやり繰りすればいいだけの事です。ただ一つ、デメリットといえば変なDMが届くようになったことぐらいでしょうか。

 

ブラックでも融資OKという怪しげな案内なのです。恐らく闇金が官報をチェックしているんですね。

 

また、ネットの掲示板やメール相談を利用したのが影響したのか、なんとなくスパムメールが増えたように感じます。今はメールアドレスを変更したので、収まっています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談