借金が返せないけど怖い取り立てがあるの?|自己破産の神様

MENU
 

借金の取り立て

生活費やレジャー費、それぞれの理由で借金をする人がいますが、借金が膨れ上がって返済不能に陥ってしまうケースが増えています。

借金が返せなくなったらいったいどうなってしまうのでしょうか?

 

借金の取り立ては怖い?

 
返済に遅れてしまったら家や会社に怖い取り立てがきてしまうのではと怯えている人も多いでしょう。

しかし、そのようなイメージはオーバー過ぎます。テレビや映画の影響で怖い取り立てがすぐに飛んでくるイメージを持つ人も多いのですが、それはあくまでも闇金のことです。

正規の貸金業者から借りている限り、脅されるなんてことは心配しなくて大丈夫です。借金の取り立てについては法律で厳しく制限されており、貸金業者は違反してしまえば営業ができなくなってしまいます。
 

実際に返済に遅れたらどうなる?

 
返済日にもし遅れてしまったら、貸金業者からは連絡がきます。

消費者金融であれば個人の携帯へ電話をかけてくることが多いのですが、決して高圧的な応対ではありません。「お支払いの確認が取れていませんがいかがなさいましたか?」といった感じで状況を確認してきます。

いつ頃返済ができるのかを約束して電話を切れば、特に問題はありません。銀行などは電話をするのではなく、ハガキを送ってくることが多いです。

気を付けなくていけないのは、連絡がきているのに無視してしまうことです。消費者金融も携帯に電話をかけてもまったく連絡が取れない状態であれば、いずれ自宅や勤務先への連絡もしなくてはならなくなります。

留守電メッセージや着信履歴が残っているなら落ちついて折り返し、次の返済について約束をしましょう。また、向こうから連絡が来るより先にこちらから連絡しておけば、電話がかかってくるのを防ぐこともできます。
 

闇金業者の取り立ては?

 
テレビや映画の怖いイメージは、多少誇張されている部分もあります。

しかし、闇金業者は違法に貸金業をしている悪質な業者です。貸す時の審査はとても簡単ですが、法外な金利をふっかけてきますし、1日でも遅れればしつこい督促の電話がかかってきます。元々違法な業者なので、取り立ても嫌がらせや脅しをかけてくることも多いです。

違法に貸付を行っていれば当然高い金利を払う必要もないのですが、一筋縄じゃいかないため、弁護士に依頼しての手続きもかなり難しいものになります。

いくらお金に困っているからといって、違法な業者からお金を借りるものではありません。もし返済不能になるなら、なるべく早く専門業者へ相談して債務整理を考えた方が安心です。
 
 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談