借金地獄・借金苦が原因での自殺はするな!|自己破産の神様

MENU
 

自殺はダメ

日本では毎日90人もの人が自殺して亡くなっているほど、自殺者が多いです。

その原因のひとつとなっているのが、借金苦です。でも借金で死を選んでしまうのは止めましょう!

必ず解決方法があります。

 

どうして借金で自殺をしようと思うのか

 
人はどうして借金で苦しみ自殺を選ぶのでしょうか。

  • 借金を払えない事自体に悩んでいる
  • 取り立てが怖い
  • 家族や連帯保証人に迷惑をかけてしまった
  • パチンコやパチスロなどのギャンブル癖で自分自身に嫌気がさした

これらの悩みは解決できないものではありません。しかし、精神的に追いつめられると思考能力も下がり、解決法を探る力も無くなってしまいます。そんなときに人は死を選んでしまいがちです。

冷静に考えたら死ぬほどのものじゃないということが分かる事が多いでしょう。だから追い詰められているときこそ、一度頭を冷やして客観的に物事を見て欲しいのです。
 

最終的には自己破産がある

 
借金の取り立てが怖くて追い詰められるという借金地獄のイメージがありますが、返済するのが困難になってしまった借金は整理することができます。

話し合いだけで金利カットなどの交渉ができる任意整理という方法もあるでしょう。

目的や借金の額によって任意整理、個人再生と様々な手段がありますが、どうにもならないという状態に陥っているなら、最終的には自己破産という手段が残されています。

悪いイメージがあって自己破産だけは・・と敬遠している人も多いです。

  • 仕事を首になる
  • 近所の人にもばれてしまう
  • 車も持ち物も何もかも奪われてしまう

でも、これらはすべて間違いです。確かにローンを組めなくなる、ということもありますが、それが命に匹敵することなのか考えてみると、そうじゃないことは分かるはずです。自己破産は払えなくなった借金をすべてゼロにして、一から人生をやり直すことができます。
 

自己破産は連帯保証人に迷惑がかかる?

 
自己破産するときに最もネックになるのが、連帯保証人の存在です。

確かに連帯保証人を立てていたなら、破産してしまうとその人に借金の督促が行くことになります。でも自殺してしまったとしても、迷惑がかかってしまうのは同じことです。それどころか知人である連帯保証人はもっと大きな衝撃を受けてしまうことになります。

連帯保証人のことが気になるから自己破産できない、死んでしまいたいと思っても、自殺で解決できることではありません。自己破産で知人に迷惑をかけるのは避けられないことですが、破産することになった現状をちゃんと連帯保証人に説明することが、一番しなくてはいけないことなのです。

話しにくいことではありますが、生きていればこの先罪償いも恩返しもできますので、今何が最適な方法なのかをよく考えましょう。
 
 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談