相生市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所4件

MENU

相生市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

相生市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる相生市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、相生市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

相生市にある自己破産ができる弁護士事務所

該当なし

相生市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士髙原勉事務所

自己破産の無料相談
所在地 司法書士髙原勉事務所
相生市栄町十六番地一号 地図
営業時間 平日9:00-17:00
電車アクセス 相生駅
電話 0791-22-0452

不動産登記・商業登記・借金整理・裁判事務・後見・遺言などを扱っている相生市の法務事務所で、法務に関する悩み事を抱えている方の相談を受け付けています。

 

「新型コロナの影響で、仕事量が激減したために収入が減ってしまい、住宅ローンや自動車ローンといった長期ローンの支払いが困難となった」、「低賃金な仕事をしているために生活苦となっており、金欠の度に消費者金融業者のキャッシングカードを使って借り入れを繰り返していたために、借入総額が膨らんでしまい借金生活から抜け出せなくなった」、「クレジットカードの返済方法として毎月の返済額を少額にできるリボ払いを選択して、浪費を繰り返した結果、借入総額が高額となってしまい、完済できる見込みがつかなくなった」といった方々には、事情を聴取するために借金相談をしてから、自己破産などの各々の事案にマッチした借金整理を実践しています。

 

相生市の当事務所において、自己破産などの負債整理の相談を受ける際には、「時系列で借入額の変化を整理した図や表を書いたメモ」、「相談者の毎月の収入と支出、保有している資産を整理したメモ」、「お金を借りた金融機関の業者名と所在地、残債務、貸付金利、借入期間などを整理したメモ」、「借り入れをした金融機関との取り引きで得たカードや契約書、請求書、利用明細書などの物や書面」などを持参してもらえると、相談を受けた司法書士は相談者に対して、的確な解決方法を迅速に案内することができます。

自己破産の対象地域は兵庫県相生市

上記掲載の兵庫県相生市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

兵庫県相生市の相生駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

相生市のマップ

相生市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

住宅ローンの支払いがでいなくなって自己破産を実施

僕は、相生市で妻と二人の子供と共に住んでいます。

 

今現在は、既に子供は独立して、妻と二人で相生市の賃貸アパートに住んでいます。

 

ここでは、今から約20年ぐらい前に僕は自己破産をしたので、その時のことについて説明をしたいと思います。

 

僕が相生市の地元の信用金庫で住宅ローンを組んでお金を借りたのは、バブル経済の時でした。

 

株式や土地の値段が上がっている時だったので、僕はこのまま土地の値段が上がってしまうと一戸建ての家を一生かかっても買えなくなってしまうのではと思いました。

 

当時は、僕は結婚してから数年しか経っていなかったのですが、妻が妊娠したのをきっかけに思い切って、相生市内で家を購入することにしました。

 

当時の年収は600万円ぐらいあったので、住宅ローンを組んで家を購入しても何とかなるだろうと考えていました。

 

家を購入する際に頭金は数十万円しか用意することができず、僕は30年払いの住宅ローンを組んで総額3500万円のお金を信用金庫から借りました。

 

その後、僕の毎月の給料とボーナスで住宅ローンの支払いを続けていたのですが、バブルが崩壊したことで勤務している会社の業績が急激に悪化してしまい、会社の生き残りを賭けて全従業員の給料とボーナスのカットが行われました。

 

その結果、僕は住宅ローンの支払いに苦しむことになりました。

 

妻は我が家の家計を助けるためにパート仕事に出てくれましたが、住宅ローンの返済が困難な状況は改善しませんでした。

 

住宅ローンの支払いが滞った後は、再三にわたり、信用金庫から借金の支払いを要求されたのですが、無い袖は振れない状態で、住宅ローンの支払いをすることができませんでした。

 

我が家には融資を受けた信用金庫によって抵当権が設定されていたので、その後、我が家は差押えをされて、借金返済の原資にするために競売に掛けられてしましました。

 

競売による売却代金で住宅ローンを完済できれば良かったのですが、競売の売却代金で住宅ローンの支払いをした後も、住宅ローンの残債が約1000万円も残ってしまいました。

 

僕は家を失った状態で、この借金返済を続けていくことのモチベーションを保つことができなかったので、相生市で借入金整理を行っていた弁護士事務所へ行って、自分の借金について相談をしました。

 

相生市の弁護士と小一時間ほど話しをしたのですが、自己破産を実施するということになりました。

 

自己破産の手続きは、相談をした相生市の弁護士が行ってくれたので、僕は弁護士から手続きの進捗報告を受けるという状態でした。

 

相生市の弁護士に自己破産の仕事を頼んでから約4か月が経った時に、弁護士から僕の自己破産手続きが無事に完了したとの朗報をもらうことができました。

 

自己破産をしたことで、僕は借金ゼロから人生の再スタートを切れたので、経済的な立て直しをあまり苦労することなく実現することができました。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)