滝川市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

滝川市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

滝川市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる滝川市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、滝川市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

滝川市にある自己破産ができる弁護士事務所

中空知法律相談センター

自己破産の無料相談 〇(30分以内)
場所 中空知法律相談センター
滝川市大町1丁目4番13号 共栄ビル 2F 地図
受付 月~金10:00-12:00 13:00-16:00
鉄道交通 函館本線、ライラック・カムイ、オホーツク・大雪 滝川駅
TEL 0125-22-8373

自己破産などの多重債務問題を含めた様々な法律問題に対して、無料相談を実施している滝川市にある法律相談所です。相談日と相談実施時間は、年末年始・GW・お盆・祝日を除いた毎週火曜日・木曜日の13:30~15:30です。

 

「パチンコやパチスロ、オンラインカジノといった賭博行為にハマってしまい、ギャンブルのための資金を用意するために消費者金融を使っていた結果、借金地獄となってしまった」、「地元の信金から住宅ローンで融資を受けて、家を建てたが、不況で所得が落ち込んだため住宅ローンの支払いを続けられなくなってしまい困っている」、「一家の大黒柱である自分がケガを負ったり、病気になってしまったために、家族を養うだけの生活費を稼ぐことができなくなり、銀行カードローンで生活費のための借り入れを繰り返したので、借金まみれとなって収拾がつかなくなった」といった方々に、弁護士は聞き取り調査をするために借金相談をしてから具体的な自己破産などの手立てを実施しています。

 

効率よく自己破産その他の借金相談を受けるためには、滝川市の当所に来られる際の持参品として、「時系列で借り入れ状況の変化を示した図や表を書いたメモ」、「お金の借入先の金融機関名と所在地、負債総額、利用期間、貸付利率などを書いたメモ」、「借り入れをした本人の月々の収入と支出、所有財産などを整理したメモ」などを用意していただけると時間の無駄なく話し合いをすることができます。

 

弁護士法人 小寺・松田法律事務所 滝川事務所

自己破産の無料相談 〇(初回のみ)
場所 弁護士法人 小寺・松田法律事務所 滝川事務所
滝川市花月町一丁目-1-10 地図
受付 平日9:00-18:00(土日祝は休み)
鉄道交通 滝川駅
TEL 0125-23-8455

滝川市にある当法律事務所では、高度な専門知識を要求される世情に対応するべく、各弁護士の得意分野を生かせるチームプレーで、ベストな解決を提供できるように努めています。

 

借金問題の対応では、負債の状況や借金を作った原因は人それぞれなので、まずは借金相談をして事情確認をしてから、相談者と共に一緒になって対応策を考えるようにしています。借金問題は早期に弁護士などの専門家に相談をした方が、早く悩み事を解決できるので、生活の質を上げることができます。また、弁護士に自己破産などの借金整理を依頼すれば、債権者からの督促は停止し、生活再建への第一歩を踏み出すことができます。

 

自己破産などの借金を整理するために滝川市の当所に相談に来られる方は、クレジットカードやキャッシングカードなどの借入・返済用のカード、金銭貸借契約書、請求書、督促状などの関連資料を持参していただけると、借金相談の際の話し合いをスムースに行うことができます。

滝川市にある自己破産ができる司法書士事務所

該当なし

自己破産の対象地域は北海道滝川市

上記掲載の北海道滝川市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

北海道滝川市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

滝川市のマップ

滝川市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

連帯保証人になっていたがために高額な借金を負ってしまったので自己破産を実施

僕は、滝川市に住んでいて、会社員をしています。

 

子供の頃からよく知っている幼馴染が起業をするということで、その幼馴染が銀行から事業資金を借入する際の連帯保証人を引き受けました。

 

幼馴染が始めた事業は順調に進み、銀行への借金の返済は問題なく進んでいたようですが、その幼馴染が起業をしてから5年目に事故によって急死をしてしまいました。

 

その後、僕の所に幼馴染が借り入れをしていた滝川市の銀行から保証債務による借金の支払いの請求が来るようになりました。

 

この時点で、滝川市の銀行から請求された借金の残債総額は約1500万円ありました。

 

私には既に家庭があって、家族を養わなければならなかったので、銀行への借金返済を実施するのは厳しい状況でした。

 

また、僕は現金に変えられるような土地や家などの高額資産を持っていませんでした。

 

インターネットで調べた結果、この状況を打開するには自己破産をするのが良いようでしたが、本当に自分の借金問題を解決する方法として自己破産がベストなのか、確信を持てなかったので、滝川市にあった法律事務所へ出向いて借金相談をすることにしました。

 

滝川市の弁護士と膝を突き合わせて、自分の借金について相談をしたのですが、弁護士から受けた解決策は自己破産でした。

 

専門家も自己破産がベストと言っているので、僕は自己破産をすることが最善策だと思い、相談をした滝川市の弁護士に自己破産手続きを行ってくれるように頼みました。

 

その後、弁護士が自己破産の手続きを進めてくれたのですが、僕は借家住まい、かつ資産らしき物は何もなかったので、自己破産の手続きは滝川市を管轄している地方裁判所で同時廃止事件として扱われました。

 

その後、地方裁判所で免責許可の決定が出て、自分の借金をゼロにすることができました。

 

自己破産をしたことで、自分の信用は地に落ちてしまったと感じましたが、幸いなことに勤務先には自分が自己破産をしたことは知られずに済みました。

 

今回、自己破産に至ったことで思ったことは、信用のできる相手でも何が起きるか分からないので、絶対に連帯保証人になるべきでは無いということです。

 

多額の借金を負った時には、精神的なストレスで眠れない日々が続いたし、借金問題を解決するのに費用と時間も掛かってしまいました。

 

僕は良い弁護士に巡り合えて、すんなりと借金問題を解決できましたので、その点は運がよかったと思っています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)