登別市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

登別市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

登別市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる登別市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、登別市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

登別市にある自己破産ができる弁護士事務所

のぼりべつ法律事務所

自己破産の無料相談 〇(初回30分のみ)
場所 のぼりべつ法律事務所
登別市若山町4-40-5 メープル・ペット・ワン 303号室 地図
受付 月~金9:00-17:30(土日祝は休業[前もって予約がすれば夜間と土日祝も相談可能])
鉄道交通 鷲別駅
TEL 0143-83-7381

法的トラブルを抱えている相談者・依頼者の言葉にしっかりと耳を傾けて、問題の解決に全力で取り組んでいる、地域社会に根差した登別市にある弁護士事務所です。

 

「サラ金などの貸金業者から借金を重ねるうちに総量規制に引っかかって、どこからも借り入れをすることができなくなり、仕方がないので闇金から借り入れをした結果、借金地獄の泥沼にハマって抜け出せなくなってしまった」、「新型コロナによる長引く景気低迷によって、失業をしたり、給料が減ったために、住宅ローンなどの借金返済ができなくなった」、
「リボ払い(リボルビング払い)のクレジットカードを高頻度で利用した結果、カードの借入限度額までショッピング枠を使い切ってしまい、その借金の支払いに困っている」などといった金銭問題でピンチとなっている方々には、弁護士は事情を確認するためにヒアリングをしてから個別具体的な借金整理のための自己破産などの手立てを行っています。

 

なお、登別市の当所の弁護士に借金問題を解決するために自己破産などの法的措置を依頼する場合に必要となる弁護士費用の詳細は、「相談料:弁護士に借金相談をする際に掛かる費用(個人の方は初回30分間を無料で実施)」、「着手金:弁護士が事件に着任する際に掛かる費用」、「報酬金:弁護士が事件解決の手続きを終了した場合に、出来高に応じて掛かる費用」、「実費:問題解決の手続き中に発生した郵便切手代や印紙代、交通費などの費用」、「出張日当:弁護士が遠隔地に出張した場合に掛かる費用」、「出廷日当:弁護士が裁判所に出廷した場合に必要となる費用」となります。

登別市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士法人 エトランジェ 登別事務所

自己破産の無料相談 〇(初回のみ)
所在地 司法書士法人 エトランジェ 登別事務所
登別市千歳町一丁目5番3号 地図
営業時間 月曜日~金曜日9:00-17:30(予約要)
電車アクセス 室蘭本線・北斗 幌別駅
電話 0143-81-2000

法務に関する悩み事は早期に専門家に相談をするのが解決の近道です。ご自身だけでなく、家族のいる方は家族のためにも、一人で考え込むのではなく登別市の当法務事務所に気軽に悩み相談をしていただきたいです。

 

「借金総額が高額なために、毎月、コツコツと真面目に借金返済を続けているが、利息しか払うことができず、借金が一向に減らないという借金地獄にハマっている」、「複数の消費者金融や信販会社でお金を借りるという多重債務となっているため、毎月の借金返済が厳しい」、「多重債務者となっていて借入先の金融機関が多数あるため、おまとめローンを使って借金の一本化を図り、借入先金融機関を低金利な1社に整理をしたい」といったお金のことで行き詰まっている方には、事情の聞き取りをするために借金相談をしてから、各々の事情にジャストフィットした自己破産などの借入金整理の手続きを実施しています。

 

あまりにも相談者の収入や資産に比べ、借金総額が多額なために経済的に破綻しているケースでは、登別市の当所では、問題の解決方法として自己破産をおススメしています。自己破産手続きでは管轄の地方裁判所に破産申立てを行い、裁判所の判断によって債務の免責を得て、借金を無しにすることを目指します。なお、自己破産というとデメリットを気にされる方もいると思いますが、自己破産を実施したとしても、ほとんどの方は不具合は発生しません。

自己破産の対象地域は北海道登別市

上記掲載の北海道登別市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

北海道登別市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

登別市のマップ

登別市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

離婚による寂しさを紛らわすためにお金を使いすぎてしまい、自己破産をすることになった

最近では、熟年離婚という言葉をよく聞くようになりました。

 

熟年離婚は、子供が成人になって親元を離れた後、夫が定年退職をした時期ぐらいに、妻が夫に対して三行半を突きつけるケースが多いようです。

 

我が家の場合は、熟年離婚だったのですが事情が違いました。

 

三行半を突きつけられたのは、妻の私でした。

 

離婚後に分かったのですが、夫は浮気をしていて、その女性と一緒になりたかったようです。

 

離婚の際には、夫からは離婚の和解金として約150万円をもらうことができました。

 

私はパート勤めをしていたので、夫と離婚後はパートで得た収入と貯金の50万円、そして夫から得た和解金で生活をしなければならなくなりました。

 

私は離婚後は、登別市で賃貸マンションを借りて暮らし始めました。

 

家賃は月8万円でした。

 

その後、私は独り身になったことで寂しく感じることが増え、寂しさを紛らわすために、職場などで知り合った女性の同僚などと旅行に出掛けるようになりました。

 

外出が増えると、女性なので身なりをきちんとする必要があるため、衣服やアクセサリー、カバンなどにもお金を掛けるようになりました。

 

買い物を繰り返すうちに、買い物をしていると明るい気分になって、寂しいという感情もどこかへ行ってしまうことに気付きました。

 

その後は、暇があれば、ショッピングに出掛けて買い物を繰り返しました。

 

購入するものは、最初は現金で支払いをしていたのですが、現金だと財布がかさんだり、銀行のATMでお金をおろさなくてはならないなど面倒なことが多いので、私はクレジットカードを作って、そのカードを使って支払いを行うようになりました。

 

クレジットカードを作って以降は、現金の時より、さらに頻繁に欲しい物を買うようになってしまいました。

 

その結果、クレジットカードに設定されているショッピング枠の貸付限度額の最上限まで借り入れをしてしまい、そのカードが来月のカードの支払日まで利用できないという事態になってしまいました。

 

この時に、私は欲しい物を買うのを待つことができなくで、すぐに別の信販会社にクレジットカードの作成を申し込みして、新しく作ったカードを使って欲しい物を買い続けてしまいました。

 

このようなことを繰り返した結果、私は合計5枚のクレジットカードで、借金総額は200万円になっていました。

 

もちろん、貯金は既に使い果たしていました。

 

クレジットカードで使ったお金の返済は、私の銀行預金からの自動引き落としにしていたのですが、引き落とすだけのお金が預金口座に無かったので、クレジットカードを発行している信販会社からお金を預金口座に入金するようにとの催促の電話が掛かってきました。

 

ですが、私にはお金が無かったため、自分の預金口座にお金を振り込むことができず、途方に暮れてしまいました。

 

借金問題は弁護士に頼れば解決できることは、法律事務所のテレビCMを見ていて知っていたので、私は登別市で業務として借金整理を行っていた法律事務所へ行って、弁護士による借金相談を受けました。

 

弁護士の説明によれば、借金の原因が浪費なので、本当なら自己破産の免責不許可事由になるため、裁判所で自己破産は認めてもらうことができないけど、自己破産を受けるのが初回であれば例外的に裁判所で自己破産を認めてもらえるとのことでした。

 

そのため、私は弁護士に私の借金を自己破産によって解決してもらえるように仕事を依頼しました。

 

それから数か月が経過してから、弁護士から連絡があり、自己破産の手続きが完了して、私の借金がゼロになったと教えてもらいました。

 

再度、浪費で借金まみれになると、今度は裁判所で自己破産を認めてもらえないので、私は現在は買い物をする際は常に現金で支払いをするように改めました。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)