東金市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

東金市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

東金市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる東金市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、東金市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

東金市にある自己破産ができる弁護士事務所

みんなの法律事務所

自己破産の無料相談 〇(2回目まで無料[30分程度])
場所 東金市東金545-6 伊藤ビル 2F 地図
受付 月曜日~金曜日9:00-18:00(水曜日は20:00まで)
鉄道交通 東金線 東金駅
TEL 0475-77-7138

東金市にある法律事務所で、弁護士は法律相談で真摯にお客様の話しを聞き、お客様の不安を払拭するべく法的手法を用いた問題の解決策を提案しています。

 

東金市の当所に借金問題の相談をした際の、基本的な手続きの流れは、「借金相談:債権者名や残債務などが分かる資料を持参して当所に来所する」=>「受任:借金相談後に当所に借金の整理を依頼した場合には、弁護士は債権者に対して受任通知を発送(債権者からの取り立てが止まり、支払いも借金整理が終わるまで一時的に停止)」=>「債務額の調査:弁護士は債権者に対して取引履歴の開示を請求し、取引履歴を入手後に引き直し計算を行い、正確な総債務額を確定」=>「任意整理・自己破産・個人民事再生から個々のケースにあったベストな方法を実施」となります。

 

「長期にわたる不況のために、所得が減ってしまい、信用金庫から借りた住宅ローンの支払いが難しくなった」、「クレジットカードの支払方法をリボ払いにして、カードを高頻度で使用していたら、借入残高が高額となってしまい、完済するのが厳しくなった」、「銀行で教育ローンでお金を借りて、子供の教育費や学費に充てていたが、新型コロナによって収入がダウンしたために、ローンの返済ができなくなった」といったような、金銭問題で苦心されている方々には、各々の事情にジャストフィットした自己破産などの措置を行うために、まずは借金相談で詳しい事情の聞き取り調査を行っています。

東金市にある自己破産ができる司法書士事務所

金澤静江司法書士事務所

自己破産の無料相談
所在地 東金市堀上174番地2号 地図
営業時間
電車アクセス 東金駅
電話 0475-50-3800

女性司法書士が東金市で運営をしている事務所で、依頼者の信頼を得るべく、誠心誠意の努力を行っています。

 

多額の借金があって、その支払いに困っている債務者には、高価な財産がある場合には管財事件、高価な財産を保有していない場合には同時廃止事件として、自己破産の手続きを行うことで、法的に借金をゼロにして、経済的な再起を実現するための手助けを行っています。

 

「低所得の貧乏暮らしをしているために生活費が不足してしまい、消費者金融業者が発行しているキャッシングカードで借り入れを繰り返したために、借金まみれになってしまった」、「低金利で融資を受けられる銀行や信金などの金融機関で借り入れをしたが、その支払いに行き詰ったために、高金利だが借入しやすいキャッシング会社などの高利貸しを利用して借金返済のお金を用立てるという自転車操業を行ったために、多重債務者となって収拾がつかなくなった」、「サラ金や街金などの貸金業者から借り入れをしたが、その返済を滞らせているために督促を受けており、その重圧から逃れるために失踪してしまうことや自殺してしまうことまで考えている」といった方々に、東金市の当所では借金相談をしてから自己破産などの的確な借金整理を施すことで、借金問題をスッキリと解決しています。

自己破産の対象地域は千葉県東金市

上記掲載の千葉県東金市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

千葉県東金市の東金駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

東金市のマップ

東金市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

新規開業したラーメン店の経営不振により、自己破産

僕は、元々は東金市にある地元で有名な定食屋で働いていました。

 

収入は安定していたのですが、いつまでもそのお店で雇われている訳にもいかないと思っていたので、30歳になった時に人生の節目としてお店を辞めて、自分で飲食業を始めることにしました。

 

僕は調理にさほど時間が掛からず、客の回転率の高い商売をしたいと思ったので、ラーメン店を開くことにしました。

 

僕は、自己資金が300万円あったのですが、それだけでは開店資金としてはお金が足りなかったので、地元である東金市の信用金庫から開業資金として400万円を借りました。

 

東金市の不動産屋へ行き、空き店舗を探したところ、繁華街に面した場所で、丁度良い物件があったので、その物件を借りました。

 

借りた物件は、東金市の工務店に依頼して、内外装と厨房をラーメン屋に適した状態に衣替えをしてもらいました。

 

お客に提供するラーメンは、前職の時代に、休日に試行錯誤してレシピを作り上げていたので、味には自信がありました。

 

そして、開店日に前に、新聞の折込チラシに、広告費を支払ってお店のオープンを告知するチラシを入れました。

 

開店初日は記念として、ラーメンを半額で提供したこともあり、開店初日はお客でにぎわうことになりました。

 

ですが、その初日の反動か、定価販売を始めた次の日からはお客は極端に減ってしまいました。

 

お客が減ると利益が少なくなるので、ラーメンの材料費をケチらなくてはならなくなり、その結果、味が落ちてしまい、益々、客が減るという悪循環に陥ってしまいました。

 

その後、僕は東金市の信用金庫から借りたお金の返済を滞らせるようになってしまい、信用金庫から返済を促す電話が掛かってくるようになりました。

 

自分的には頑張って何とかこの状況を打開しようと力を尽くしましたが、数か月経っても状況を変えることができませんでした。

 

結局、このまま続けてもさらに状況は悪くなるだけだと判断し、僕は悔しいですが店じまいをすることにしました。

 

とはいっても、信用金庫に借金があったので、この借金をどうするかという問題がありました。

 

自分の力だけでは、この借金問題を解決できないと思ったので、僕は東金市で負債の整理を手掛けている法律事務所へ行って、弁護士に相談をしました。

 

僕の置かれている状況を東金市の弁護士に話したところ、弁護士からは自己破産で再起を図ることを提案されました。

 

店じまいをすると収入源がなくなるため、僕自身も自己破産が妥当だと考えていたので、東金市の弁護士の提案を受け入れて、その場で弁護士に僕の借金の対応を自己破産で行ってもらえるように依頼をしました。

 

裁判所に自己破産を認めてもらうには、申立てをしてから10ヵ月ほど掛かりましたが、無事に認めてもらえ、東金市の弁護士の協力のもと、自分の借金をゼロにすることができました。

 

自己破産の手続きを終えた今は、僕は知人のつてで飲食関係のアルバイトをやっていますが、今後はアルバイトではなく社員として雇ってくれる所を探したいと考えています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)