幸手市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所4件

MENU

幸手市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

幸手市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる幸手市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、幸手市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

幸手市にある自己破産ができる弁護士事務所

該当なし

幸手市にある自己破産ができる司法書士事務所

八木司法書士事務所

自己破産の無料相談
所在地 幸手市緑台1丁目51番3号 地図
営業時間 月曜日~金曜日9:00-17:00(休みは年末年始と夏期休暇)
電車アクセス 東武日光線 杉戸高野台駅・幸手駅
電話 0480-43-3773

幸手市で長年にわたり営業を続けている法務事務所で、受けた相談の状況に合わせて、問題解決までの道筋を整理し、相談者・依頼者に安心を提供できるように努めています。

 

「クレジット会社やキャッシング会社などのノンバンクからお金を借りていたが、その返済に行き詰ってしまったので取り立てを受けているが、それに応えずにいたら給与の差押えをするとの通知が裁判所から届いて困惑している」、「クレジットカードの利用で、毎月の返済額を低額にできるリボ払いにしてカードを使い続けた結果、借入総額が高額となって、その支払いに困っている」、「収入が少ないために生活苦となっており、生活費を補填するために銀行カードローンで借り入れをし続けたために、借金漬けとなって借金生活から脱出することができなくなった」などの金銭面で苦境となっている方々には、借金相談の後に各々の事情にあった自己破産などの処理を施すことで、金銭問題を解決しています。

 

借金問題を解決するための最終手段として、自己破産がありますが、幸手市の当事務所では、自己破産手続きの代理人にはなることができないので、裁判所に提出する申立書の作成や手続きを進めるための助言などによって、依頼者の借金問題を解決するための支援をしています。

自己破産の対象地域は埼玉県幸手市

上記掲載の埼玉県幸手市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

埼玉県幸手市の幸手駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

幸手市のマップ

幸手市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

マイカーローンの返済中に病気になってしまい、やむなく自己破産

僕は、幸手市に住んでいるのですが、約3年前に自己破産をしたので、その時のことについて話しをしたいと思います。

 

僕はオンボロの中古車に乗っていたのですが、走行距離は10万キロを超えていたので、そろそろクルマの替え時だと思い、前から欲しいと思っていたセダン車を販売している自動車ディーラーに行って新車を購入しました。

 

中古車の下取り額は3万円程度にしかならなく、また貯金は20万円程度しかなかったので、頭金として10万円を自動車ディーラーに支払い、残り300万円ぐらいはマイカーローンを組んでクルマを購入しました。

 

僕は正社員として働いていたので、300万円の借金があったとしても、毎月コツコツと返済をして行けば、問題なく完済ができると考えていました。

 

僕は、着実に毎月、返済を続けていたのですが、病気になってしまい、通院をするようになりました。

 

医療費が思ったよりも高額となり、そのためにマイカーローンの返済が滞るようになりました。

 

マイカーローンの融資をしてくれた貸金業者から、督促の連絡が幸手市の僕が住んでいる賃貸アパートに来るようになりました。

 

この打開策として、僕は購入したクルマを売却することにしました。

 

中古自動車の買取店に行って、自分のクルマを売ったのですが、買い取り額は150万円にしかなりませんでした。

 

その結果、クルマを売っても、マイカーローンの借金が150万円も残ってしまいました。

 

借金を抱えた状態で、医療費の支払いをするのは困難だったので、僕はこの状況を何とかしたいと思い、幸手市で借金問題に取り組んでいた法律事務所へ行って、自分の借金について相談をしました。

 

幸手市の弁護士と膝を突きつけて話し合いをしたのですが、自己破産で借金問題を解決しようということになりました。

 

その後、僕は幸手市の弁護士に自己破産の実施を依頼しました。

 

僕には資産らしきものは何一つ無かったので、自己破産は裁判所で同時廃止事件として扱われ、破産申立てから5か月程で、自分の自己破産を認めてもらうことができました。

 

僕は自己破産の際に掛かる弁護士費用の支払いは、法テラスの民事法律扶助制度を利用したので、毎月1万円程度の分割払いにすることができ、費用の支払い負担を軽減することができました。

 

自己破産後の現在は、僕は仕事を続けつつも病気の治療に専念するようにしています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)