行田市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

行田市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

行田市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる行田市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、行田市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

行田市にある自己破産ができる弁護士事務所

栗原法律事務所

自己破産の無料相談 〇(初回)
場所 行田市門井町2-4-8 栗原マンション 204号室 地図
受付 9:00-18:00(土曜・日曜・祝日・早朝・深夜も相談可)
鉄道交通 高崎線・湘南新宿ライン 行田駅
TEL 048-577-7971

勤務弁護士を経験した後に、行田市で独立開業をした法律事務所です。地元に根付いた弁護士として、広範囲な法律問題の解決に取り組んでいます。出張相談も無料で実施しているので、法的な悩みを持たれている方々は、気軽に当所を利用をしていただきたいです。

 

借金問題を抱えて苦労している個人のお客様には、私的整理や個人再生(民事再生)、自己破産、過払金返還請求などの借金整理を実施することで借金問題の悩みを解消しています。特に、多額の借金や多重債務で苦しんでいる方には、所持している高価な財産は現金化されて金銭の貸主の借金返済に充てられることになるが、それでも残った借金はその返済の免除を受けることができる自己破産を行うことで、借金地獄から抜け出して、人生の再起を図るための手助けをしています。

 

行田市の当事務所における、借金相談から事件解決までの流れは、「相談希望者は、電話で相談の日時を予約する」=>「相談日に当所公式HPからダウンロードできる相談票を記入したうえで持参して、弁護士と面談」=>「弁護士は解決の見通しやリスクなどについて案内」=>「当所に自己破産などの借金整理を依頼される場合には、委任契約書を作成して、取り交わし」=>「弁護士は借金の整理に着手」=>「委任契約書に記載された手続きが終了したことで、手続きが完了」となります。

 

弁護士法人 蔭山法律事務所 行田事務所

自己破産の無料相談 ×
場所 行田市行田12番地12号 地図
受付
鉄道交通 秩父本線 行田市駅
TEL 048-554-0003

相談を受けた全ての案件において、弁護士は真摯に取り組み、相談者・依頼者と共に対応策を考えることで、ベストな解決策を導き出している行田市にある法律事務所です。

 

「日本経済の長期におよぶ不景気のために事業資金が足りなくなり、金融業者から商工ローンでお金を借りたが、そのローンの返済に窮している」、「信販会社や消費者金融業者といったノンバンクで借り入れをして生活費の不足分を補っていた結果、借入総額が多額となってしまい、借金返済が厳しくなった」、「信金や銀行などから低金利で融資を受けたが、その返済に困ったため、借り入れをし易いサラ金や街金といった高利貸しで借り入れをして、最初に借りた金融機関の借金の支払いを行うという自転車操業をした結果、借金苦となってしまった」といった金銭問題で苦心している債務者には、弁護士は状況をつかむために借金相談をしてから、自己破産などの的確な処理を施すことで悩みの解決を実現しています。

 

巨額な借金を抱えてしまうと、その事を自分の汚点だと考えてしまい、身の回りの人に相談することなく、一人で解決策を思案してしまうケースが多いです。ですが、負債の整理に関する専門的な知識を有しない一般の人が、幾ら時間を掛けて考えても、時間を無駄にする結果となってしまいます。巨額な借金がある状態で時間を無駄にすると、利息金や遅延損害金が借金に付加されるために状況は益々悪い方向に進んでしまい、最終的には自己破産しかできなくなります。ですから、借金を抱えてしまったのなら、早い段階で行田市の当事務所のような負債の整理に関する高度な知識を持った専門家に相談をするべきです。

行田市にある自己破産ができる司法書士事務所

該当なし

自己破産の対象地域は埼玉県行田市

上記掲載の埼玉県行田市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

埼玉県行田市の行田市駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

行田市のマップ

行田市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

ハードワークが原因で心の病になってしまい、働けなくなった結果、自己破産を実施

僕は、大学を卒業後、某大手の自動車メーカーに就職をしました。

 

僕が33歳になった時に、賃貸アパートで家賃を支払うのはもったいないと感じたので、一生の住まいとしてマンションを購入しました。

 

自己資金は500万円ほど用意をしたのですが、マンションの価格は4千万円だったので、3500万円足りませんでした。

 

僕は足りない分を住宅金融公庫と、銀行で住宅ローンを組むことで工面しました。

 

その後、順調に借金の返済を続けていたのですが、仕事が激務なことが原因で、僕は鬱病になってしまいました。

 

僕は、毎朝、起きても体がだるすぎて会社に行くことができなくなり、会社には長期休暇の申請をして療養にあたりました。

 

半年ほど経った時に、病気が完治しないため、これ以上会社に迷惑を掛けるわけにはいかないと思い、退職をしました。

 

僕は結局、無収入となったしまったのですが、借金の返済が滞っていため、抵当権が設定されていた僕のマンションは差押えをされて、競売に掛けられ、売却代金が借金返済に充てられてしまいました。

 

僕は、住む場所がなくなったので、実家のある行田市に戻りました。

 

マンションを売っただけでは、借金の全額を返済できなかったので、僕の借金問題は続いていました。

 

僕は無収入なので、既に自力で自分の借金問題を解決するのは不可能だと思い、行田市で借金の整理を行っていた法律事務所の所へ行って、自分の借金について相談をしました。

 

相談をした結果、行田市の弁護士から受けた提案は自己破産でした。

 

僕自身も自己破産をするしかないと考えていたので、行田市の弁護士と考えが一致しました。

 

僕は、相談をした後、すぐに行田市の弁護士に自分の借金問題を自己破産で解決してくれるように手続きを依頼しました。

 

その後、暫くしてから行田市の弁護士から自己破産の手続きが問題なく完了したとの朗報を聞くことができました。

 

僕は自己破産を終えた現在、鬱病の完治を最優先にした生活を送るようにしています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)