鶴ヶ島市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所8件

MENU

鶴ヶ島市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

鶴ヶ島市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる鶴ヶ島市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、鶴ヶ島市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

鶴ヶ島市にある自己破産ができる弁護士事務所

あおぞら法律事務所

自己破産の無料相談 〇(初回)
場所 鶴ヶ島市富士見二丁目5-6 308号室 地図
受付 月曜日~金曜日9:30-18:30(予約があれば休日相談も可能)
鉄道交通 若葉駅
TEL 049-298-5040

クライアントと十分に意思疎通を図り、相互理解を深めつつ、親切・丁寧をモットーに法律問題の解決にあたっている鶴ヶ島市にある法律事務所です。

 

鶴ヶ島市の当事務所における借金整理の手続きの概要は、「弁護士から依頼人の借入先金融業者に対して受任通知を送る(金融機関からの返済請求が停止する)」=>「弁護士は借入先金融機関から取引履歴を取り寄せて、利息制限法に基づいた貸付金利で、正確な借金総額を計算」=>「万一、過払い金がある場合は、過払い金返還請求を実施」=>「依頼者の資産や収入などの財力を考慮したうえで、自己破産などの妥当な負債整理方法を実施」となります。

 

借金問題を抱えている方の中で、所得や資産と比べると負債総額が過大で、完済が無理な場合には、自己破産をすることで裁判所から借金を返済しなくても良いという判断をもらい、お金を借りた金融機関への返済義務の免除を受ける手続きを行っています。

 

小松法律事務所

自己破産の無料相談 ×
場所 鶴ヶ島市富士見2丁目12番7号 地図
受付 10:30-17:00(火・土・祝は定休日)
鉄道交通 東武東上線 若葉駅
TEL 049-279-5810

法的なトラブルを抱えている一人一人に対して、個々の悩みの内容にピッタリと適合したオーダーメイドの解決策を提案できるように努めている鶴ヶ島市にある法律事務所です。

 

多重債務問題を解決するための手法として、自己破産がありますが、依頼者に高額な財産がある場合には裁判所で依頼者の財産を管理する管財人が選ばれる管財事件として扱われ、また、依頼者に高額な財産が無い場合には管財人が選出されない同時廃止事件として処理が行われ、どちらが実施されたとしても最終的には裁判所で免責許可の決定が出ることで、借金をゼロにすることができます。

 

なお、鶴ヶ島市の当所では、自己破産などの問題解決のための手続きに掛かる弁護士費用の支払いは、依頼者にとって返済負担の少ない支払いスケジュールを立てるようにしています。また、掛かる費用の明示は相談の際に案内をしているので、料金に納得した後に、当所に仕事を依頼することができます。

 

田口法律事務所

自己破産の無料相談 〇(初回30分)
場所 鶴ヶ島市藤金850-71 地図
受付 平日9:00-17:00(祭日と年末年始は休み)
鉄道交通 若葉駅
TEL 049-227-3177

鶴ヶ島市の当弁護士事務所では、相談者・依頼者から丁寧に意見や要望を聞き、法律に基づく高品質な解決策を案内できるように力を尽くしています。

 

「信用金庫やJAバンクなどから融資を受けたが、失業をしたために借金返済ができなくなった」、「頼まれて連帯保証人になっていたら、債権者から借金の返済をするようにとの請求が来て困っている」、「事業経営をやめて廃業したいと思っているが、銀行から借りた事業資金の借金返済や取引先への支払いができない状態なので困っている」といった方々に、弁護士は悩みの内容を確認するために借金相談を行ってから、それぞれの事情にフィットした自己破産などの手続きを行っています。

 

なお、自己破産などの負債整理を鶴ヶ島市の当所に依頼する際に支払う費用の内訳には、「着手金|弁護士が仕事を受任する際に、受け取る金銭」、「報酬金|弁護士が仕事を終了した際に、依頼者が得た利益の額に応じて弁護士が受け取る金銭」、「実費|通信費や印紙代、交通費、調査費用など負債整理を進める際に掛かった金銭」があります。

 

鶴ヶ島法律事務所

自己破産の無料相談
場所 鶴ヶ島市上広谷175-8 井上ビル 1F 地図
受付 月曜日~金曜日10:30-18:00(土曜日・日曜日・祝日は除く)
鉄道交通 鶴ヶ島駅
TEL 049-299-4580

鶴ヶ島市とその周辺エリアに密着をして、民事事件・家事事件・刑事事件・企業法務の問題に対処している法律事務所です。

 

「消費者金融や街金などの貸金業者から借り入れをしたが、その返済に窮したので、別の金融機関からお金を借りて返済をするという自転車操業をしたために、多重債務の借金地獄になってしまった」、「借金返済のお金を調達するために、クレジットカードの現金化を実施した結果、借金総額が増えて収拾がつかなくなった」、「サラ金や闇金といった高利貸しを利用した結果、借金漬けとなり、この生活から抜け出すために失踪することや自分の人生に見切りをつけて自殺することまで考えている」といった金銭的な悩みで困っている方々には、借金相談で聞き取り調査をしてから、自己破産などの適切な措置を採ることで、借金問題の解決を実現しています。

 

高額な借金があって、その支払いに困っている方々は、周囲の人に悩み相談をすることなく、自分だけ、もしくは家族だけで借金問題を解決しようと試みる方が多いです。ですが、借金の整理に疎い素人が幾ら考えようが、良い解決案が出ることはなく、時間を浪費することになってしまいます。高額な借金を抱えている状態で、時間を無駄にすると借金には利息がつくことから、借入総額が膨らんで、状況は悪化することになります。ですから、借金返済に行き詰ったのなら、早期に鶴ヶ島市の当事務所のような借金の整理に詳しいプロに相談をして、自己破産その他の適切な手立てを受けていただきたいです。

鶴ヶ島市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士 行政書士 くすの木総合法務事務所

自己破産の無料相談 〇(メールまたは面談)
所在地 鶴ヶ島市富士見2丁目12番7号 地図
営業時間 月曜~金曜9:00-18:30 土曜・日曜・祭日10:00-17:00
電車アクセス 若葉駅
電話 0120-314-127

鶴ヶ島市の当法務事務所が借金の整理で選ばれる理由は、「豊富な実績により、多数の交渉ノウハウがある」、「相談料や着手金、減額報酬といった初期費用が不要なので、仕事を依頼しやすい」、「相談を受ける司法書士は、お客様の立場になって親身に話しを聞く」だからです。

 

借金問題の対応策として、自己破産がありますが、鶴ヶ島市を管轄している地方裁判所で、「破産手続開始決定」と「免責許可決定」を受けることで、税金などの一部の債権を除いた全ての借金を帳消しにすることができます。

 

なお、自己破産の手続きの流れは、「自己破産に掛かる費用やデメリットについて説明をした後に、今後の手順について案内」=>「各債権者に、受任通知と債権調査書を送付」=>「破産申立てに必要な書類を準備」=>「管轄の地方裁判所に破産申立てを実施」=>「裁判所から免責決定を受けることで、全ての借金の返済義務が免責」となります。

自己破産の対象地域は埼玉県鶴ヶ島市

上記掲載の埼玉県鶴ヶ島市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

埼玉県鶴ヶ島市の鶴ヶ島駅、若葉駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

鶴ヶ島市のマップ

鶴ヶ島市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

短大時代に奨学金を借りたが、返済できなくなって自己破産を実施

私は、現在は鶴ヶ島市で一人住まいをしています。

 

数年前に、私は自己破産をしたので、その時のことについて説明をしたいと思います。

 

私が借金を作った理由は、外語大学の短大に入学をしたのですが、その学費を用意できなかったからです。

 

実家は貧乏というわけではなかったのですが、私より1歳年上の長男が大学へ通っていて、その仕送りをしていたため、私の学費を払う余裕が無かったのです。

 

在学中は、お金を借りるだけで借金返済することは無かったので、返済に困るということはありませんでした。

 

ですが、短大を卒業した後は、当然の事ながら奨学金の借金返済をしなければならなくなりました。

 

短大を卒業した後、私は鶴ヶ島市にあった製造業の会社の技術サポート部で働き始めました。

 

きちんと正社員として職に就くことができたので、私は月々の奨学金の支払いを問題なく行うことができていました。

 

会社勤めを始めてから約1年が経った時に、私は体調を崩してしまい、入院をしてしまいました。

 

私は元々、体が強いほうでなく、どちらかというと虚弱体質でした。

 

私は入院費の支払いを優先させて支払っていたのですが、家賃や生活費を差し引くと、奨学金の返済にあてるお金が残っていませんでした。

 

そのため私は、奨学金の返済を滞納してしまいました。

 

何度か奨学金の貸付をしている団体から督促状が鶴ヶ島市の私が住んでいる賃貸アパートに送られてきたのですが、お金を捻出することができず、返済の要求には応えることができませんでした。

 

すると、今度は期限の利益が喪失したという理由で、奨学金の借金を全額一括返済するように要求されました。

 

私はさすがに困り果ててしまい、奨学金の貸付をしている団体に電話で連絡をしたのですが、一括返済をしない場合は、給料の差押え手続きを採ると言われてしまいました。

 

既に自分だけでは借金問題は解決できないと思ったので、私は鶴ヶ島市で負債整理を行っていた弁護士の所に行って、自分の奨学金の支払いについて相談をしました。

 

鶴ヶ島市の弁護士と30分ほど話した後に出た結論は、自己破産をするというものでした。

 

体が弱いことを考えると、中途半場に借金の整理をして、返済を続けるよりも、きっぱりと借金をゼロにした方が良いという判断です。

 

私は、鶴ヶ島市の弁護士に自己破産の手続きを任せて、そのあとは、経過について連絡を受けていました。

 

そして、最終的には鶴ヶ島市の弁護士から自己破産の手続きが問題なく終わったとの一報を受けることができました。

 

私は自己破産をしたことで、奨学金を踏み倒した形になってしまったことに後ろめたい気持ちがありましたが、借金がゼロになったことで目の前の霧が晴れたような将来の展望が開けたような心境になることができました。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)