四條畷市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

四條畷市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

四條畷市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる四條畷市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、四條畷市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

四條畷市にある自己破産ができる弁護士事務所

四條畷法律事務所

自己破産の無料相談 〇(初回)
場所 四條畷市岡山東1丁目10番5号 忍ヶ丘センタービル 7F 地図
受付 月~金9:30-16:30
鉄道交通 忍ヶ丘駅
TEL 072-814-5581

四條畷市とその周辺地域に住まわれている方々から愛される存在となる事を目標としており、法律を駆使して対峙している相手との利害調整を図っている四條畷市にある弁護士事務所です。

 

借金返済ができなくなった方々に対して、借金を減額して返済を続けるのか、借金をゼロにして新たな生活をスタートさせるかの検討のサポートをしています。借金総額だけでなく、今現在持っている財産や自宅などを処分することや、将来的に見込める収入など、あらゆる面を考慮したうえで、検討を行います。四條畷市の当所に借金整理を依頼していただければ、債権者からの取り立てをストップさせることができるので、借金の整理方法について落ち着いて考えることができるようになります。

 

弁護士は、「リボ払いのクレジットカードを多用した結果、借金苦となったので自己破産を行いたいが、そのメリット及びデメリットについて教授して欲しい」、「低収入なために生活苦となっており、その状況を回避するためにクレジットカードを用いてキャッシングをしていたので、借金がかさんでしまい、その支払いに苦悩している」、「家族に黙ったままで消費者金融などのノンバンクで借金を重ねたので、家族には秘密にして借入金の整理を内緒で実施したい」といったお金の悩みで困っている債務者には、借金相談をしてから各事案にフィットした負債整理を施しています。

四條畷市にある自己破産ができる司法書士事務所

宮武司法書士・海事事務所

自己破産の無料相談 〇(電話のみ)
所在地 四條畷市南野6-2-11 1B 地図
営業時間 -(月~金19:00以降と土日祝は要予約)
電車アクセス JR東西線・学研都市線 四条畷駅
電話 072-878-2271

負債整理を得意としている四條畷市の法務事務所で、相談者・依頼者との信頼関係を大切にして、後悔することの無い負債の整理を実現しています。

 

四條畷市の当事務所は、自己破産などの問題対応では、大手事務所のようなベルトコンベア式の流れ作業ではなく、代表弁護士が面談による手続きの流れや報酬額の提示、依頼者への進捗報告、業務が完了した際の結果報告までを責任を持って行っています。

 

「病気や怪我のために、信用金庫から借りた住宅ローンの支払いができなくなったので、自宅を差押えされたうえで、競売に掛けられてしまいそう」、「新型コロナによる社会的な影響によって、給料が減ったり、失業をしたために、借金返済が継続できなくなった」、「銀行カードローンを使ってお金を借りて生活用品の購入を続けていたが、融資可能枠の最上限まで借り入れをしてしまい、完済の目途がつかなくなって困り果てている」といった借金問題・多重債務問題で苦労を重ねている債務者には、借金相談をしてから最良といえる自己破産その他の借入金整理を実施しています。

自己破産の対象地域は大阪府四條畷市

上記掲載の大阪府四條畷市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

大阪府四條畷市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

四條畷市のマップ

四條畷市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

見栄を張るために借金を繰り返してしまい、その挙句、自己破産することに

私は、短大を卒業後、四條畷市にある保険会社で働き始めました。

 

社会人になって間もなく、私は自分名義のクレジットカードを作成しました。

 

社会人ならクレジットカードぐらい持っていて当たり前だと思ったからです。

 

クレジットカードを手に入れてからは、財布の中には少額の現金だけを入れるようにして、できるだけクレジットカードを使って決済をするようにしていました。

 

現金を多く財布に入れると財布がかさばってしまうので、それが嫌だということもクレジットカードを多用した一因です。

 

私は、営業職をしていたということもあり、人一倍、身なりには気を使っていました。

 

そのため、社会人となってからはブランド品の高級スーツやブランド物のバッグや靴、時計などをクレジットカードを使って、次から次へと購入をしていました。

 

使っていたクレジットカードがショッピング枠の利用限度額に達した際には、別の信販会社にクレジットカードの作成を新規で申し込みをして、新しいクレジットカードを入手して、そのカードを使って買い物を続けていました。

 

このような、無頓着なお金の使い方をした結果、クレジットカードの枚数は増えていきました。

 

次第に、私はクレジットカードの借金返済に困るようになってしまい、新しく作ったクレジットカードを使ってキャッシングをすることで現金を調達して、それを別の信販会社の借金返済に充てるという、借金返済のために借金をするという行動を採ってしまいました。

 

借金返済のために借金をするという行為を行った結果、借金総額はあっという間に膨れ上がってしまい、私の手に負えない状況となってしまいました。

 

ほぼ全ての債権者から督促を受けるようになってしまい、私は精神的にも追い込まれてしまいました。

 

私は借金問題の解決方法を模索したのですが、スマホで調べた結果、借金整理を扱っている弁護士に借金相談をするのが手っ取り早いということが分かりました。

 

そこで、私は四條畷市で借金整理に取り組んでいた法律事務所があったので、その事務所へ出向いて、借金相談を受けました。

 

四條畷市の弁護士と顔を向き合わせて話し合った結果、自己破産をすることに決まりました。

 

弁護士によると私の借金の原因は浪費なので、本来なら自己破産の免責不許可事由に当たるので、自己破産は認められないとのことです。

 

ですが、初回の自己破産なら免責不許可事由に当たる場合でも、ほとんどのケースで裁判官の情状酌量によって自己破産を認めてもらえるとのことでした。

 

私は今までに1度も自己破産をしたことがないので、裁判所で自己破産を認めてもらえ可能性が高いということだったので、弁護士に自己破産の手続きを委ねました。

 

それから、数か月が経過した時に、弁護士から連絡があり、四條畷市を管轄している裁判所で、私の自己破産が認められたので、私の債務は消滅したとの朗報を得ることができました。

 

自己破産の手続きを終えた現在は、私は再度、借金地獄とならないように、家計簿を付けてお金の出入りをしっかりと管理するようにしています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)