大竹市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

大竹市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

大竹市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる大竹市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、大竹市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

大竹市にある自己破産ができる弁護士事務所

弁護士法人 広島みらい法律事務所 大竹支所

自己破産の無料相談 〇(初回)
場所 弁護士法人 広島みらい法律事務所 大竹支所
大竹市新町1-8-3 アーバンタワー大竹 1F 地図
受付 月~金9:00-17:30(週末の土日・平日の夜間の相談は問合せを受付)
鉄道交通 大竹駅
TEL 0827-54-1222

全ての方に対してオープンな大竹市にある法律事務所で、皆様から身近に感じていただけるように努力をしています。

 

「闇金業者からお金を借りたが、違法な高金利のために借金まみれとなってしまい、厳しい取り立てを受けて困っている」、「新型コロナの影響で給料が減ってしまい、マイホームローンの支払いが困難となった」、「消費者金融(キャッシング会社)や信販会社(クレジット会社)などの貸金業者からお金を借りた結果、返済に行き詰まり、経済的に破綻をしたので自己破産をするべきか迷っている」といった借金問題で苦労をしている方々には、弁護士は事件内容を知るために借金相談をしてから各ケースに見合った借金整理の手立てを実施しています。

 

なお、大竹市の当事務所で自己破産などに関する借金整理の相談をする際には、関連する書類やメモ書きなどを持参していただけると、相談の時間を有効に使うことができます。また、外出が困難という方には、出張相談にも応じています。

大竹市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士・行政書士 宮本徹事務所

自己破産の無料相談
所在地 司法書士・行政書士 宮本徹事務所
大竹市新町二丁目十番十三号 地図
営業時間 平日8:30-17:30(土日祝は定休日[事前連絡で時間外と定休日の相談も可])
電車アクセス 山陽本線 大竹駅
電話 0827-53-3111

仕事を依頼した顧客から最高の仕事だったと言ってもらえるように尽力している、大竹市にある法務事務所です。

 

「低収入なために極貧生活となっており、不足している生活費を銀行カードローンで借り入れをして補っていたために、借金が増えてしまい、その支払いに苦労している」、「キャッシュレス時代なので、日用品を購入する際にクレジットカードを利用していたが、リボ払いにしていたために月々の返済額は少額で済んだが、借入総額が膨らんでしまい、完済の見込みがつかなくなった」、「親の自分は高卒で苦労をしているので、子供には良い教育を受けさせて大学に行かせるために、信用金庫で学資ローンを借りて教育資金を捻出したが、その後、リストラにあって失業をしたために学資ローンの支払いができなくなった」などといったお金の悩みで苦悩している債務者には、聞き取りのための借金相談をしてから、各案件にあった自己破産その他の負債整理を実践することで、借金問題をクリアにしています。

 

なお、大竹市の当所に、自己破産などの借入金整理を実現するための借金相談を予約する場合には、電話の他、当所の公式サイトの相談予約フォームを利用することができます。

自己破産の対象地域は広島県大竹市

上記掲載の広島県大竹市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

広島県大竹市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

大竹市のマップ

大竹市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

買い物依存症になってしまい、自己破産する結末になってしまった

僕は、23歳の時に大学を卒業して、大手の証券会社の大竹市の支店に勤務することになりました。

 

首都圏で新入社員研修を約2か月間受けた後に大竹市の支店に配属となったのですが、新入社員ながらかなり仕事がきつかったです。

 

まずは、仕事を覚えるのが先決だったので、僕は同じ部署の先輩に手取り足取り、仕事の進め方、やり方などを教わりました。

 

そして、先輩の下について半年ほど仕事を教えてもらった後、独り立ちということで、他の社員と同様に僕にも営業ノルマが課されました。

 

ノルマが課されるようになると、僕は必死で結果を出すために働きました。

 

僕が働いている部署内の各社員のノルマの結果は、部署の掲示板に月毎に大きく貼り出されていました。

 

僕は頑張って働いていたのですが、ノルマの成果はいつも下位でした。

 

そのため、常にプレッシャーが掛かっていて、ストレスを抱え込んでいました。

 

このままだと、精神的によくないと僕は思ったので、会社が休みのときはストレス発散のために大竹市の繁華街に出掛けるようになりました。

 

最初は色々なお店の商品を眺めているだけだったのですが、見ているうちに欲しくなる物が出始めました。

 

僕は働いているので、欲しい物を買っても問題ないだろうと思い、僕は自分のクレジットカードを使って、欲しい物を購入するようになりました。

 

クレジットカードを使って買い物を続けた結果、そのカードのショッピング枠の最上限までお金を借りてしまいました。

 

本当であれば、この時に暫く買い物をするのをやめておけば良かったのですが、僕はそうはせずに、最初のカードとは異なる信販会社に新規でクレジットカードを作成する申し込みをしました。

 

そして、新しいクレジットカードを使って、ショッピングを続けてしまいました。

 

このようなことを繰り返したために、僕が所有しているクレジットカードの枚数は合計で6枚になり、借金総額は300万円を超えてしまいました。

 

僕はクレジットカードの借金返済に困るようになり、信販会社から督促を受けるようになると、大竹市にあるサラリーマン金融でお金を借りて、信販会社への借金返済に充てるようになりました。

 

借金返済のためのお金を別の金融業者から借り入れをして賄うという自転車操業をしたために、僕の借金総額はより一層、膨らんでしまいました。

 

僕は借金問題の解決方法を模索していたのですが、大竹市で借金相談を無料で受けている法律事務所があったので、そちらに出向いて、自分の借金について相談をしました。

 

相談相手は弁護士だったのですが、僕が一通り自分の事情を説明した後に、弁護士から借金整理の方法として自己破産をすることを薦められました。

 

僕が最も気掛かりだった点は、自己破産をすると勤め先に知られるのではということだったのですが、大竹市の弁護士からの説明だと自己破産をすると官報には掲載されるが、普通の会社では官報の内容を確認することはないので、自己破産をしたとしてもバレることはまずないとのことでした。

 

そのため、僕は安心して、大竹市の弁護士に僕の借金問題を自己破産で対応してくれるように依頼をしました。

 

その後、大竹市の弁護士が意欲的に自己破産の手続きを進めてくれたので、最後には自己破産によって、合法的に僕の借金をゼロにすることができました。

 

自己破産をした結果、今まで使っていたクレジットカードは全て強制解約あるいは利用停止となったので、使えなくなりました。

 

その結果、僕は今後は現金生活を送ることになったので、借金生活にハマることはなさそうです。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)

 

大竹市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件の関連ページ

福山市
呉市
尾道市
三原市
東広島市
廿日市市
三次市
庄原市
安芸高田市