三好市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所4件

MENU

三好市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

三好市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる三好市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、三好市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

三好市にある自己破産ができる弁護士事務所

弁護士法人 藤澤法律事務所 池田事務所

自己破産の無料相談 △(法テラス利用可)
場所 弁護士法人 藤澤法律事務所 池田事務所
三好市池田町マチ2201-8 地図
受付 月曜~金曜9:00-17:00 土曜9:00-12:00(予約で営業時間外も相談OK)
鉄道交通 土讃線・土讃線特急・剣山・むろと 阿波池田駅
TEL 0883-87-8776

法律問題を抱えて困っている方々の解決の糸口を法的知識を駆使して見出している、三好市の弁護士事務所です。

 

「安い賃金で働いているために収入が少なく、生活が困窮しているので、サラ金のキャッシングカードを使って借り入れを繰り返した結果、借金まみれとなって困り果てている」、「交際費や遊興費の支払いをクレジットカードを使って行っていたが、支払方法としてリボ払いを選択していたので、月々の返済額は低額で済んだが、借金総額が高額になってしまい、完済をするのが厳しくなった」、「銀行あるいは信用金庫などの金融機関で住宅ローンを組んで、マイホームを手に入れたが、その後、新型コロナ禍によって所得が減ったために住宅ローンの支払いを続けられなくなってしまい、抵当権が設定されたマイホームを債権者によって差し押さえされてから競売で売られるのではという不安を抱えている」などといった借金問題で厳しい状況となっている債務者には、弁護士はヒアリングのために借金相談を行ってから、各事情に見合った自己破産その他の借金整理を実施しています。

 

三好市の当所に借金相談をするために来られるお客様は、来られる際に、「お金を借りた貸金業者の会社名と所在地、残っている負債額、利用期間、貸付利率などを記したメモ」、「相談者ご自身の毎月の所得と支出、銀行預金や有価証券その他の保有財産を記したメモ」、「借金をしてから現在までの負債額の増減を月日で整理したメモ」、「取り引きによって得た、金銭貸借契約書や請求書、取引明細書、借入・返済用カードなどの取得物」などの資料をできるだけ多く持参していただけると、弁護士はお客様に対して自己破産などの明確な借金問題の対応方法を迅速に提示することができます。

三好市にある自己破産ができる司法書士事務所

該当なし

自己破産の対象地域は徳島県三好市

上記掲載の徳島県三好市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

徳島県三好市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

三好市のマップ

三好市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

起業したが業種を広げた結果、自己破産をする羽目に

僕は三好市の高校を出た後、アルバイトで生計を立てていました。

 

僕はアルバイトを転々としていたのですが、アルバイトで培った経験を生かして、僕はそばとうどん、そして天ぷらを提供する飲食店の経営を始めました。

 

最初は自分だけでお店を始めたのですが、徐々に軌道に乗ってきて、売り上げが上がってきたことからアルバイトを雇うことにしました。

 

その後、最初の頃に雇ったアルバイトの方が、従業員として働くことを希望していたので、従業員としてフルタイムで仕事をしてもらうことにしました。

 

その従業員には、僕は手取り足取りと仕事を教えたので、お店の仕事を一通りできるようになってもらうことができました。

 

その結果、僕は気持ちにゆとりができ、仕事を従業員に任せて、お店を空けることができました。

 

僕は空いた時間を使って、今度はブランド品の買い取りと中古販売を行うショップを立ち上げました。

 

直感的に儲かりそうだと感じたからです。

 

この中古品のブランドを扱うショップを開業する際には、三好市にある銀行から事業資金の借り入れをしました。

 

このショップの運営は、過去に質屋で働いていたという経歴を持つ男性を従業員に向かい入れて、ショップの責任者として働いてもらいました。

 

それから暫くして、僕は、次にお酒を気軽に飲むことができるバーの開店準備を始めました。

 

僕はアルバイト時代にバーで働いていた経験があったので、その時の経験を生かしてバー経営もやってみたいと思ったからです。

 

バーを開業する際は、三好市にあったノンバンクから商工ローンで開業資金を借りて、お店をオープンさせました。

 

バーでは最初から従業員を雇い、その人にお店を任せました。

 

僕は、最初の飲食店から多角経営に乗り出して、ビジネスを手広く行いました。

 

その結果は、どのお店も中途半端となってしまい、黒字だったそば・うどんを提供する飲食店までもが赤字になってしまいました。

 

また、ブランド品の中古販売とバーはどちらとも、経営状況は開店以降赤字のままで、黒字にすることはできませんでした。

 

僕は、お店をオープンさせる際に銀行とノンバンクからお金を借りていたのですが、その借金返済を遅滞させるようになってしまいました。

 

当然のことながら、各債権者から借金の返済請求を受けるようになり、僕は追い込まれてしまいました。

 

今までは従業員の給料は何とか払うことができていたのですが、今後は従業員へ払う給料のお金を用意することも厳しくなりそうでした。

 

そのため、僕は経済的な苦境を白紙に戻すために、全てのお店を畳むことにしました。

 

僕は、全ての従業員にお店の経営状況を話して、お店をやめてもらいました。

 

また、お店を畳む前に、取引先に迷惑を掛けないように全ての支払いを行いました。

 

そして、その後、僕はすぐに三好市で債務の整理を行っていた法律事務所へ行って、弁護士に借金の相談をしました。

 

僕は三好市の弁護士に状況を説明した後、「自己破産をしたい」ことを告げたのですが、弁護士も自己破産をするのが最善の方法だと言ってくれたので、自己破産を実施することになりました。

 

自己破産の手続きは、その後、三好市の弁護士が行ってくれたのですが、手続きは裁判所で管財事件として扱われ、裁判所に破産申立てをしてから約1年ぐらい経過した時に、僕の借金の免除を認めてもらうことができました。

 

僕は自己破産後は、またアルバイト生活に逆戻りをしたのですが、借金がゼロから再スタートを切れるので、お金をためてチャンスがあれば、また起業に挑戦をしたいと考えています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)

 

三好市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所4件の関連ページ

鳴門市
阿南市
吉野川市
美馬市