吉野川市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

吉野川市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

吉野川市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる吉野川市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、吉野川市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

吉野川市にある自己破産ができる弁護士事務所

徳島みらい法律事務所

自己破産の無料相談 △(法テラス利用可)
場所 徳島みらい法律事務所
吉野川市鴨島町鴨島280 昌栄ビル 2F 地図
受付
鉄道交通 鴨島駅
TEL 0883-36-9666

交通事故などの一般民事事件、離婚や相続などの家事事件、自己破産などの借金問題の対応、支払督促や強制執行などの債権回収、私選弁護などの刑事事件、解雇や賃金未払いなどの労働事件といった広範囲に及ぶ法律問題の解決を手掛けている吉野川市にある法律事務所です。

 

「生活用品を買うために、銀行カードローンを多用して現金を調達していたが、その支払いに行き詰まった結果、取り立てを受けていて、そのプレッシャーによってノイローゼになりそう」、「無理をして、信金で住宅ローンを組んで家を購入したが、返済途中で支払いを継続できなくなったために、抵当権が設定されている我が家を債権者によって強制的に売却されてしまうのではと危惧している」、「低収入なために貧困生活を送っており、生活苦を回避するために消費者金融でキャッシングをしてお金を借りる行為を繰り返したために、今度は借金苦となって困っている」などといった借金問題で厳しい局面に立たされている方々には、各々の事情を知るために借金相談をしてから各案件にふさわしい自己破産などの借金整理を行っています。

 

なお、吉野川市の当事務所に、債務の問題解決を依頼する場合に必要となる費用には、「法律相談料|弁護士が行う法律相談を受けることの対価」、「着手金|弁護士が仕事の依頼を受けて、問題解決に取り組むことの対価」、「報酬金|弁護士が仕事を終えた時に得られた成果に対して掛かる金員」、「日当|弁護士が仕事を進めるために移動を要し、時間的な拘束を受けたことの対価」があります。

吉野川市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士法人 小笠原合同事務所 鴨島事務所

自己破産の無料相談
所在地 司法書士法人 小笠原合同事務所 鴨島事務所
吉野川市鴨島町喜来字宮北485-1 地図
営業時間
電車アクセス むろと・剣山・徳島線 鴨島駅
電話 090-5277-2375

「当所に仕事を依頼すれば、当所だけで完全解決ができるワンストップサービスを提供」、「徳島で隋一の資格者数とスタッフ数なので、サポート体制が万全」、「土曜日もオープンをしているので、平日は仕事がある方も利用できる」といった強味を持った吉野川市にある法務事務所です。

 

「新型コロナ禍による自粛によって、給料が減ったり、失業をしたために、今まで払っていた借金の支払いを続けることができなくなった」、「違法な高金利で貸し付けを行う闇金業者や合法だが貸付金利の高いサラ金などのノンバンクからお金を借りたために、利息によって借金が膨らんでしまい、返済ができなくなったために債権者から返済請求を受けてつらい思いをしている」、「キャッシング会社やクレジット会社などの貸金業者から融資を受けたが、その支払いに窮してしまい、思い詰めて、失踪や自殺、さらに強盗などの犯罪行為をすることまで考えている」といった金銭的に追い詰められている債務者には、借金相談で悩みの状況を確認をした後に、自己破産などの的確な負債整理の手続きを実施しています。

 

なお、吉野川市の当所の代表は、司法書士・行政書士・土地家屋調査士・マンション管理士-管理業務主任者・ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引士の資格を有しているので、自己破産などの借金整理の対応が司法書士業以外の他分野に及んだ場合でも対応をすることができます。

自己破産の対象地域は徳島県吉野川市

上記掲載の徳島県吉野川市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

徳島県吉野川市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

吉野川市のマップ

吉野川市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

奨学金を借りてアメリカ留学をしたが、就職がうまく行かず、自己破産

僕は吉野川市に住んでいるのですが、子供の頃からアメリカに興味があって、学校では英語の授業を頑張っていました。

 

その成果があって、英語は常に学校内でトップレベルの実力でした。

 

学校内の英語サークルに入って、さらに自分の英語に磨きを掛けました。

 

僕はテレビでアメリカの学園ドラマをよく見ていたのですが、アメリカの自由な校風が自分にあっていると思ったので、大学はアメリカの大学に行きたいと思っていました。

 

僕の願望とは裏腹に、僕の実家は僕を海外の大学にやるだけの財力はありませんでした。

 

日本だと国立大学は学費が私立大学と比較をすると安いですが、アメリカでは大学は国立・私立の区別なく名門校になるほど学費が高い傾向がありました。

 

僕が行きたいと考えていた大学はサンフランシスコにあったのですが、日本の私立大学並みの学費が必要でした。

 

さらに、サンフランシスコは家賃が高く、日本の倍ぐらいの家賃が掛かりました。

 

僕は、これらのお金の問題をクリアにしなければならなかったのですが、高校の進路指導の先生に相談をした所、奨学金を受けることを薦められました。

 

奨学金を受ければ僕の夢が叶うということが分かったので、僕はちゅうちょすることなく奨学金を受けることにしました。

 

肝心のアメリカの大学の受験ですが、アメリカは入学試験はさほど難しく無いので、すんなりと入ることができました。

 

アメリカの大学は入学は簡単だけど、進学するのが大変ということは聞いていたので、大学に通い始めた後は、僕は勉学に集中して取り組みました。

 

その結果、僕は留年することなく4年で大学を卒業しました。

 

僕はアメリカで就職をするつもりは無かったので、大学を卒業すると共にすぐに日本に戻ってきて、就職活動に取り組みました。

 

ですが、日本の大学生と比べると就職活度に取り掛かったのが時期的に遅かった影響が出てしまい、僕は給料の良い大手企業に就職することはできませんでした。

 

どうせ大手の企業で働くことができないのなら、地元の吉野川市に戻ろうと考え、僕は吉野川市に戻ってから地元企業に就職をして働き始めました。

 

吉野川市は地方ということもあって、給料は安く、奨学金の支払いが僕の生活を圧迫することになりました。

 

給料から家賃や食費、光熱費などのどうしても必要な生活費を差し引くと、奨学金を支払えなくなることがたびたびあり、僕はその度に、奨学金を貸してくれた金融機関から督促の連絡を受けていました。

 

そんな中、運が悪いことにアメリカでリーマンショックが起こり、その影響で日本経済が不景気に突入をしてしまいました。

 

僕が勤めている会社も影響を受けてしまい、業績が悪化したために、会社の生き残りを掛けてリストラが実行されました。

 

その結果、勤めている会社で給与と賞与の減額が実施され、僕は完全に奨学金の支払いをすることができなくなりました。

 

僕は追い詰められてしまい、どうしようかと思い悩んだ結果、吉野川市で負債の整理を行っていた法律事務所に僕の借金について相談をすることにしました。

 

吉野川市の弁護士と話しをした結果、収入と比べると負債額が高額だったことから自己破産をするべきとのアドバイスを受けました。

 

僕は自己破産には抵抗があったのですが、自分の今の現状を考えると、やむを得ないと思い、吉野川市の弁護士に自己破産手続きによって僕の借金を整理してくれるように頼みました。

 

それから数か月が経過した時に、吉野川市の弁護士から自己破産の手続きが全て終わり、僕の借金はゼロになったとの朗報をもらうことができました。

 

自己破産が無事に完了したことで、僕は借金問題から解放され、平穏な生活を取り戻すことができました。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)

 

吉野川市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件の関連ページ

鳴門市
阿南市
美馬市
三好市