宇和島市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

宇和島市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

宇和島市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる宇和島市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、宇和島市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

宇和島市にある自己破産ができる弁護士事務所

南予法律事務所

自己破産の無料相談
場所 南予法律事務所
宇和島市和霊元町一-二-十 地図
受付
鉄道交通 宇和島駅
TEL 0895-65-9020

法律問題を抱えて苦心されている方々の気持ちに寄り添い、法律相談で相談者の要望に沿ったベストといえる対応をするように努めている宇和島市にある弁護士事務所です。

 

「巨額な借入金があるので、毎月、約定返済日に返済を行っているが、利息の支払いしかできていないため、借入元本が全く減らず、借金生活から抜け出すことができなくなっている」、「低金利で融資を行う銀行や信用金庫といった金融機関でお金を借りたが、その借金返済に行き詰まったので、高金利だが借り入れをし易いサラ金やクレジット会社などのノンバンクでお金を借りて借金の支払いに充てるという自転車操業を実施したために、借金総額が増えて収拾がつかなくなった」、「闇金業者からお金を借りたために借金地獄となってしまい、厳しい取り立てを受けているので、夜逃げなどの失踪をすることや、自分の人生に見切りをつけて自殺することまで考えている」などといった金銭的な悩みで困っている方々には、弁護士は各事案にマッチした自己破産などの借金整理を実施するために、まず初めに事情確認のためのヒアリングを行っています。

 

なお、弁護士には守秘義務があるので、借金相談や打ち合わせの時に、お客様が相談相手の弁護士に話した内容は相談相手の弁護士以外の人に知られることは無いので、宇和島市の当事務所で、情報漏れを危惧することなく自己破産その他の借金整理を実現することができます。

宇和島市にある自己破産ができる司法書士事務所

木下司法書士事務所

自己破産の無料相談
所在地 木下司法書士事務所
宇和島市寿町二丁目一番十九号 2F 地図
営業時間
電車アクセス 予讃線・予讃線特急・予土線 宇和島駅
電話 0895-28-6954

法務全般に関する問題の解決や手続きの代行を行っている、宇和島市にある司法書士事務所です。

 

「身内が借金まみれとなって返済不能となっているので、その借金の肩代わりをして助けようかと思っている」、「一家の大黒柱である当人や同居している家族が病気になったり、ケガをしたために、そのための治療費が必要となったので、クレジットカードをリボ払いにして支払い続けていた結果、借金総額が想定以上に高額となってしまい、その借金を完済できそうもない」、「新型コロナによる経済的なダメージによって、勤務先の業績が悪化してしまい、リストラで給料のカットが実施さてたために、住宅ローンの借金返済が困難となった」といった借金問題で厳しい局面に立たされている債務者には、借金相談で詳しい事情を聞いてから、各ケースにあった自己破産などの借入金整理の措置を実行しています。

 

多重債務者となったため、負債整理を実現したいので、まずは宇和島市の当事務所で借金相談を受けたいという方は、「借り入れと返済の推移を時間軸で整理した図や表を書いたメモ」、「相談者本人の毎月の可処分所得と支出、預貯金や有価証券などの保有している資産を書き出したメモ」、「お金を借りた金融業者の業者名と場所、残っている負債額、利用期間、貸付利率などを書いたメモ」などの関係資料を持ってくるようにしていただけると、相談相手である司法書士は状況に見合った自己破産などの解決方法を迅速に提案することができます。

自己破産の対象地域は愛媛県宇和島市

上記掲載の愛媛県宇和島市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

愛媛県宇和島市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

宇和島市のマップ

宇和島市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

クレジットカードに手を出してしまい、自己破産となってしまった

僕は、宇和島市にある不動産会社で働いていました。

 

真面目に働いていたのですが、リーマンショックによって日本全体が不況に陥ってしまい、僕は会社のリストラによって、会社都合の解雇を受けてしまいました。

 

会社をクビになった後、数か月は宇和島市のハローワークに行って失業保険をもらっていたのですが、失業保険の受給期間中に次の職を見つけることができませんでした。

 

多くの会社に履歴書を送って、書類審査に通過した場合には面接を受けに行くのですが、日本経済全体が低迷している時だったので、面接にパスして最終合格を手に入れることはできませんでした。

 

その結果、僕は収入が無い状態なのに、面接のための交通費などでお金を減らすことになってしまいました。

 

僕は貯金を切り崩して生活をしていたのですが、貯金が残り僅かになってしまい、いよいよ追い込まれてしまいました。

 

その時に、僕は働いていた時にクレジットカードを作っていたことを思い出しました。

 

僕はクレジットカードを新規作成した時に、ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠も付けていました。

 

その後、僕はクレジットカードでキャッシングをして、生活費のお金を借り入れするようになりました。

 

キャッシングをする際には、返済を先送りにできるリボ払いで返済をするようにしました。

 

リボ払いにした結果、月々に支払うクレジットカードの利用代金の支払いは少額で済んだのですが、徐々にカードの借金総額が膨らんでいき、最終的にはキャッシング枠の貸付可能額の限界までお金を借りてしまいました。

 

僕は、クレジットカードの来月の約定返済日に支払いをするまでの間、クレジットカードでキャッシングがすることができなくなったので、困り果ててしまいました。

 

この時に僕が思いついた方法は、クレジットカードの現金化でした。

 

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードを使って買い物をして、買った物を売ることでお金を手に入れる方法です。

 

僕のクレジットカードは、ショッピング枠にはまだ空きがあったので、僕はクレジットカードで買い物をして、それを質屋に持ち込んで、現金を手に入れました。

 

僕は、このクレジットカードの現金化を繰り返し行ったために、今度はショッピング枠の最上限までお金を借り切ってしまいました。

 

その後、僕はクレジットカードの発行元から借金返済の督促を受けるようになったのですが、手元にお金が無かったので、督促に応えることができませんでした。

 

僕の力では既に借金問題を解決することは不可能だと感じたので、僕は宇和島市で仕事として借金の整理に取り組んでいた弁護士事務所を訪問して、そこの弁護士と借金相談をしました。

 

僕は宇和島市の弁護士に事情の説明をしてから、弁護士と意見交換をしたのですが、自己破産を実施するということで意見が一致しました。

 

その後、僕の自己破産手続きを宇和島市の弁護士が代理人として実施してくれ、数か月経過した後に僕の自己破産は裁判所で認めてもらうことができたので、僕の借金は全て消滅しました。

 

そして、僕は自己破産を終えた後、弁護士に付き添ってもらい宇和島市の市役所に行って、生活保護の申請をしました。

 

弁護士が付き添いをしてくれたこともあって、生活保護を受けることができるようになり、今現在は僕は、生活保護費によって生計を立ててします。

 

また、僕はいつまでも生活保護費をもらうわけにはいかないと思っているので、宇和島市のハローワークに足しげく通って、早く自立できるように仕事探しも行っています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)

 

宇和島市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件の関連ページ

新居浜市
松山市
今治市
西条市
八幡浜市
大洲市
四国中央市
東温市