岩倉市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

岩倉市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

岩倉市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる岩倉市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、岩倉市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理をしたい方は、弁護士との面談可)

岩倉市にある自己破産ができる弁護士事務所

弁護士法人花楓 いわくら法律事務所

自己破産の無料相談 〇(初回)
場所 岩倉市下本町下市場125-3 YAOHATUビル 3F 地図
受付 平日9:30-17:00
鉄道交通 岩倉駅
TEL 0587-38-1482

岩倉市の当法律事務所の代表は、裁判官を退官した後に弁護士登録をしたという経歴があり、今までに培った経験を生かして、地元の皆様の生活を法的にサポートしています。

 

弁護士は、「クレジットカードを使って日用品をリボ払いで購入していたら、借入残高が増えてしまって困っている」、「収入の不安定な仕事に就いているために生活苦となることがあり、足りないお金を補充するのに銀行カードローンを使っていたら、借金総額が増えてしまい、その支払いに苦悩している」、「貸付金利の低い銀行や信金などから借り入れをしたが、その支払いに窮したために、返済資金を用立てするのに借り入れはしやすいが貸付金利が高い消費者金融や信販会社などのノンバンクを使った結果、多重債務者となってしまい借金地獄となっている」といった借金問題で苦労を重ねている債務者に対して、自己破産その他の各案件に則した借金整理の対応を行っています。

 

岩倉市の当事務所に多重債務問題の解決を依頼した場合に掛かる費用の内訳は、「<法律相談料>弁護士と借金相談をした場合に掛かる費用」、「<着手金>弁護士に仕事を依頼した場合に掛かる費用」、「<報酬金>問題の対応を終了した場合に、得られた結果に応じて掛かる費用(自己破産では報酬金は不要)」、「<実費>問題対応の際に掛かった交通費、印紙代、郵便切手代などの費用」となります。

岩倉市にある自己破産ができる司法書士事務所

村瀬尚仁 司法書士・行政書士事務所

自己破産の無料相談
所在地 岩倉市下本町天神塚70-6 地図
営業時間 月~金9:00-18:00(土日祝は定休日[予約で週末土日も対応可])
電車アクセス 犬山線・名鉄特急 岩倉駅
電話 0587-65-5666

岩倉市にある当法務事務所では、相談者の話しを真摯にヒアリングしたうえで、ベストといえる対応方法を丁寧に説明するように心掛けています。手間の掛かる処理は全て当所で実施することが可能なので、依頼者の方は時間をあまり取られることなく、問題解決を実現できます。

 

「新型コロナによって、勤務先の会社の業績が傾いてしまい、給料や賞与のカットが実施されたために住宅ローンの返済ができなくなった」、「病気になったり、ケガを負ったために、病院に払う治療代が必要となってしまい、サラリーマン金融で発行しているキャッシングカードを利用して、現金を調達していた結果、借金漬けとなって困っている」、「不景気によって、勤めている会社でリストラが行われ、そのせいで失業や転職をしたために収入が大幅に減ってしまい、借金返済を継続できなくなった」などの金銭的な悩みで苦しんでいる方々は、借金相談をしてから個々の事情にふさわしい自己破産などの負債整理を実施しています。

 

岩倉市の当所では、借金問題を単に解決するだけでなく、その後の人生の再起をお手伝いするために、「無駄な出費が無いかを確認したり、家計の収入と支出のバランスを取るために、家計簿の付け方を指導」、「借金を作った原因を明確にして、再度、借金まみれとならないように指導」といった支援を行っています。

自己破産の対象地域は愛知県岩倉市

上記掲載の愛知県岩倉市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

愛知県岩倉市の岩倉駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

岩倉市のマップ

岩倉市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

ショッピングや旅行にお金をつぎ込んでしまいローン地獄から自己破産へ

独身生活を満喫していた私が経験した自己破産の体験について、ここでは述べたいと思います。

 

私は岩倉市で一人暮らしをしていて、岩倉市の会社でOLとして事務仕事をしています。

 

実家暮らしのため、実家に家賃は入れていましたが、それ以外の給料は全て自分だけのために使うことができ、私は独身生活を謳歌していました。

 

私は、季節ごとに流行のファッションに対応するために衣服や靴を購入し、また連休があると国内や海外に旅行に出掛けていました。

 

これらの支払いにはクレジットカードを使っていたのですが、リボルビング払いにすれば、毎月の返済額を少額に抑えれることが分かったので、私は常にリボルビング払いで支払いを行っていました。

 

リボルビング払いにすると確かに毎月の返済額は少ない金額で済んだのですが、すぐにカードの融資可能額の最上限までお金を借り切ってしまいました。

 

本来なら、ここで、浪費をやめてクレジットカードの利用を控えるべきだったのですが、私はそれができず、別の信販会社のクレジットカードに申し込みをして、新規にクレジットカードを作って、そのカードで買い物を続けてしまいました。

 

そのようなことを繰り返した結果、クレジットカードの保有枚数は5枚となってしまい、借金総額は約230万円にまで膨れ上がってしまいました。

 

私は借金返済を滞らせるようになっていたために、督促状が実家に送られて来るようになり、親にも私に多額の借金があるということがバレてしまいました。

 

私の借金について家族会議が行われ、その結果、私は自己破産をするということに決まりました。

 

親は私の借金を肩代わりするだけの資力はありましたが、私の借金問題は私自身でけじめを付けた方がよいという理由で、親からの援助はありませんでした。

 

自己破産をすると言っても私は素人なので、岩倉市で債務整理を行っていた弁護士事務所に頼ることにしました。

 

私は電話で借金相談の予約をしてから、弁護士事務所へ出向いて、借金の相談をしました。

 

岩倉市の弁護士に私の事情を説明した後、自己破産をしたいと申し出たところ、弁護士からは借金の原因が浪費だから本来なら自己破産はできないと言われました。

 

岩倉市の弁護士に詳しく聞いてみると借金の原因が浪費だと、自己破産の免責不許可事由に該当してしまうために自己破産はできないのだそうです。

 

ですが、始めて自己破産を行う場合には、免責不許可事由に該当をしていても本人の反省があれば裁判官の情状酌量によって、自己破産を認めてもらうことができるとのことでした。

 

そこで、私は岩倉市の弁護士に自己破産の手続きを一任しました。

 

その後、岩倉市の弁護士と共に裁判所に出向いて、面接官に反省の弁を述べました。

 

それからしばらくして、岩倉市の弁護士から私の自己破産が認められたとの一報をもらうことができました。

 

自己破産を実施したことで、借金問題から解放されたので、私はやっと明るい笑顔を取り戻すことができました。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)