知多市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

知多市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

知多市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる知多市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、知多市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理をしたい方は、弁護士との面談可)

知多市にある自己破産ができる弁護士事務所

該当なし

知多市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士長坂基樹事務所

自己破産の無料相談 〇(初回)
所在地 知多市新舞子字明知山103番地2号 地図
営業時間 平日9:00-18:00(土日・祭日は定休日[時間外や定休日も事前予約で相談可])
電車アクセス 名鉄特急・名鉄常滑線 新舞子駅
電話 0569-42-1826

法務に関する困りごとを抱えている方のための街の駆け込み寺となれるように、皆様から法務の相談を受けている知多市にある法務事務所です。

 

「消費者金融のキャッシングカード、銀行のカードローン、クレジットカードを使ったキャッシングなどによって借金が増えてしまい、返済に困っている」、「子供の成長と共に教育費が掛かり、住宅ローンの返済が厳しくなった」、「クレカを使って日々の買い物の決済をしていたが、リボ払い(リボルビング払い)にしていたために、借入総額が多額となってしまい、借金返済に苦労している」といった借金問題・多重債務問題で胸を痛めている債務者には、借金相談をして事情を確認してから、自己破産その他のベストな負債整理を実施しています。

 

借金の整理を行いたいが、そのための司法書士費用を払うことが厳しいという方は多いと思います。そのような現在手元にあまりお金が無い方でも、借金の整理を受けることできるように、知多市の当事務所では法テラスの費用立替制度を使うことができるようにしています。この制度を使うには、法テラスが定めている資力要件を満たしている必要がありますが、要件を満たしていれば、自己破産などの借金整理に掛かる司法書士費用を低額な月賦払いにすることができます。

 

司法書士法人鈴木事務所 知多事務所

自己破産の無料相談
所在地 知多市新知台二丁目四番二十三号 地図
営業時間 月曜日~金曜日8:30-18:00(祝祭日は休み[時間外と週末土日は事前連絡で対応可能])
電車アクセス 古見駅
電話 0562-56-2714

知多市にある当司法書士事務所では、知多半島をメインに愛知県全域からの法務に関する相談を受けています。

 

「高級品やぜいたく品を購入するという浪費癖のために、サラ金やクレジット会社で借金を重ねてしまい、その支払いに窮している」、「自分自身あるいは同居している家族が病気やケガをしたために、そのための治療費が必要となってしまい、サラリーマン金融や街金といった貸金業者から融資を受けた結果、借金漬けの生活から脱出できなくなった」、「アルバイトやフリーターといった低収入な仕事に就いているために生活が苦しく、生活費を調達するべく、高利貸しからお金を借りた結果、借金地獄となってしまった」といったお金の悩みで危機的な事態に陥っている方々には、ヒアリングをするために借金相談を実施してから、自己破産などの個々の事情にマッチした借金整理の手続きを実践しています。

 

なお、借金問題を解決するための手法として自己破産を選択した場合は、司法書士は代理人になることはできないので、当所では知多市を管轄している裁判所に提出する書類の作成を代行することで、自己破産の手続きをサポートしています。ちなみに、当事務所に自己破産の書類作成を依頼した場合には、基本報酬と裁判所に収める予納金や切手代が必要となります。

自己破産の対象地域は愛知県知多市

上記掲載の愛知県知多市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

愛知県知多市の朝倉駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

知多市のマップ

知多市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

自己破産をしたことで、どん底の生活から抜け出せた

僕は知多市の会社で、長年、技術職をしていました。

 

この会社には満足をしていましたが、リーマンショックのあおりを受けて、会社の業績は急激に悪化してしまいました。

 

会社の上層部は、リストラを行って、事業の再構築や不採算部門からの撤退などを断行したのですが、それでも経営環境は改善せず、最終的には会社は倒産をしてしまいました。

 

その結果、僕は会社都合の退職をすることになってしまい、無職の身となりました。

 

会社を退職してから約6か月間は知多市のハローワークに行き、再就職先を探しつつ、失業手当を受けていました。

 

失業手当をもらえている内に次の就職先を見つけることができれば良かったのですが、リーマンショックの後遺症で日本全体が景気低迷に陥っていたので、僕は次の就職先を見つけることができませんでした。

 

その後、僕は持っていた貯金を食いつぶしてしまいました。

 

僕にはお金を借りれるような頼れる人がいなかったので、僕は当面の生活費を調達するために知多市にあった大手のサラリーマン金融業者からお金を借りてしまいました。

 

最初は1万円ぐらいしか借りていなかったのですが、借金をすることに慣れてくると徐々に1度に借りる金額が増えてしまい、1度に5万円から10万円ぐらいを借りるようになりました。

 

その結果、サラリーマン金融からの借入総額が増えてしまい、その借金返済に困るようになってしまいました。

 

返済が滞ったことで、僕は取り立てを受けるようになり、金銭面で追い込まれてしまいました。

 

そのため、僕は場当たり的に別の金融業者からお金を借りて、サラリーマン金融の借金返済に充てるという自転車操業をしてしまいました。

 

そうしたことにより、僕は多重債務者になって、さらに窮地に追い込まれてしまいました。

 

自分だけではこの借金問題を解決できないことは明らかだったので、僕は知多市で債務整理を行っていた弁護士事務所へ電話でアポを取ったうえで、訪れました。

 

事務所に到着後、僕は相談室に通され、そこで知多市の弁護士と自分の借金について話し合いをしました。

 

その結果、僕は現在、失業中という理由で、自己破産をするべきとの結論に至りました。

 

自己破産手続きは、僕の代わりに知多市の弁護士が代理人として手続きを進めてくれました。

 

その結果、知多市の弁護士に自己破産を頼んでから数か月後に、知多市を管轄している地方裁判所から僕の自己破産を認可してもらうことができました。

 

自己破産が認められたときは、僕は嬉しさのあまり、歓喜の声をあげてしまいました。

 

僕はまだ、無職のままですが、生活をするには稼がないといけないので、早期にアルバイトでもいいので、何らかの仕事に就きたいと考えています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)