中間市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所4件

MENU

中間市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

中間市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる中間市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、中間市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

中間市にある自己破産ができる弁護士事務所

該当なし

中間市にある自己破産ができる司法書士事務所

おかだ司法書士事務所

自己破産の無料相談
所在地 おかだ司法書士事務所
中間市太賀一丁目一番一号 ロイヤルハイツ通谷 203 地図
営業時間 平日8:30-17:30(土曜・日曜・祭日は定休日[定休日も事前予約で相談可能])
電車アクセス 通谷駅
電話 093-863-1140

借金問題、相続・遺言、不動産登記、会社・法人の登記、成年後見、裁判などの法務に関する悩み相談や手続きの代行を受けている、中間市にある法務事務所です。

 

「クレサラ問題によって借金まみれとなったので、自己破産を実施することを考えているが、自己破産のメリット及び
デメリットについて十分な知識に身につけたい」、「安い賃金で働いているために、貧困生活となっており、この貧乏状態から抜け出すためにリボルビング払い(リボ払い)のクレジットカードを使ってキャッシングを多用したために、借金総額が増えてしまい、借金返済が困難となってしまった」、「信金や銀行などの金融機関から住宅ローンを使ってお金を借りたが、新型コロナ禍によって給料が減ったために、住宅ローンの支払いを続けることができなくなって困っている」などといった多額の借入金で困っている債務者には、借金相談で事情を把握してから個々の事案にマッチした借金整理を実践しています。

 

中間市の当事務所で借金相談を受ける際の手続きの流れは、「電話で当所に問合せをしたうえで、相談の日時を予約」=>「関係資料を持参のうえ、予約を入れた日時に来所して、司法書士と面談」=>「司法書士は解決方法と掛かる費用の見積りを提示」=>「相談者は司法書士が提示した内容に納得ができたら、正式に当所に問題解決の仕事を依頼」=>「司法書士は自己破産などの借金整理の手続きをスタート」=>「司法書士は依頼者に随時、進捗の報告をしながら業務を遂行」=>「当所の目的を達成できた段階で借金整理の手続きを完了」となります。

自己破産の対象地域は福岡県中間市

上記掲載の福岡県中間市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

福岡県中間市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

中間市のマップ

中間市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

私が自己破産をした理由は、介護ストレスから買い物依存症になってしまったため

私は、母と二人で中間市に住んでいます。

 

私が幼い頃に両親は離婚をしてしまい、私はその後、母親に引き取られました。

 

父親とは私が学生の頃は半年に1回ぐらい会っていましたが、その後、連絡が取れなくなり、音信不通となりました。

 

私はその後、看護学校を卒業後、看護師として、地元である中間市の病院で働き始めました。

 

母は元気な方だったのですが、ある日、肺炎を引き起こしてしまって入院をすることになりました。

 

入院で暫く寝たきりの生活をした結果、母は一人で歩行するのが困難となってしまいました。

 

その後、母は肺炎の症状が治って退院をすることができたのですが、私は母の介護をしなければならなくなりました。

 

母は、日中はイスに座りっぱなしの生活となり、自分だけではトイレに行くのもままならなくなりました。

 

母を放っておく訳にはいかなかったので、私は勤めていた病院を辞めて、介護に専念をしました。

 

当時は、私は母の年金だけで生活をしていました。

 

母にはお世話になっていたので、私が介護をするのは当然だと考えていたのですが、私は介護疲れでストレスがたまってきました。

 

私は息抜きのために、近所にあったショッピングモールにたびたび出掛けるようになり、ストレス発散のために衝動買いをするようになりました。

 

そんなことを繰り返すうちに、私は買い物依存症となってしまい、母の年金暮らしで金銭的なゆとりが無いにも関わらず、欲しい衣服や靴などを頻繁に購入をしてしまいました。

 

そして、そのために生活費が足りなくなってしまい、私は生活費を用立てるために中間市にあったキャッシング会社でお金を借りてしまいました。

 

キャッシング会社からは何度も繰り返しお金を借りたため、最終的にはその借金返済に困るようになりました。

 

キャッシング会社から督促を受けるようになったので、自分の借金問題をなんとかせねばと色々と調べた結果、借金整理を業務として行っている法律事務所に出向いて相談をすれば良いことが分かりました。

 

私は中間市内の法律事務所へ行った後、弁護士と借金相談をしたのですが、私が母の年金だけで生活をしていることから自己破産をするのが妥当とのアドバイスを受けました。

 

自己破産をすると持っている財産は失うことになりますが、母と住んでいる家は母の名義となっていて、私自身は財産らしき物は何もなかったので、私が自己破産をしたとしても失う物はありませんでした。

 

そのため、私は自己破産を行うことを決め、中間市の弁護士に手続きをお願いしました。

 

その後、中間市の弁護士から適時、進捗の報告を受けていたのですが、結局、私の自己破産は裁判所で認められることになり、私の借金の返済義務は消滅しました。

 

私は介護のストレスから買い物を繰り返したことを大いに反省し、今ではお金を掛けずにストレス発散をするために、近所の公園でジョッギングをするようにしています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)