大川市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所5件

MENU

大川市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

大川市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる大川市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、大川市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

大川市にある自己破産ができる弁護士事務所

ゆふ法律事務所

自己破産の無料相談 △(法テラス利用可)
場所 ゆふ法律事務所
大川市大字酒見177-1 カーサナカムラ 102号室 地図
受付 平日9:00-18:00
鉄道交通 蒲池駅
TEL 0944-88-8801

大川市の地域に住まわれている方々の気持ちに寄り添って、真摯に法的トラブルの解決に取り組んでいる法律事務所です。

 

「複数のノンバンクから融資を受けた結果、総量規制によってどの貸金業者からもお金を借りることができなくなり、やむを得ずヤミ金業者からお金を借りたために借金地獄となってしまった」、「買い物をする時はできるだけクレジットカードを使って支払いをしていたが、リボ払いにしていたので、徐々に負債額が増えてしまい、完済するのが困難となってしまった」、「新型コロナ禍による不景気によって、所得がダウンしてしまい、住宅ローンや自動車ローンといった長期ローンの支払いができなくなった」といった金銭問題で追い詰められている債務者には、弁護士はヒアリングのために借金相談をしてから、自己破産などの最良といえる借金整理の手立てを実施しています。

 

なお、大川市の当事務所における、借金相談から問題解決の手続きに取り掛かるまでの処理の流れは、「当所に電話で借金相談をする日時を予約する」=>「借金相談では、来所いただいたうえで、弁護士は状況を聞いた後にベストな解決策を案内」=>「相談者の判断で、弁護士に借金問題の解決を依頼する場合には、委任契約書を作成」=>「依頼者は当所に、着手金や予納実費などの前払い金を支払う」=>「弁護士は自己破産などの借金整理の続きに着手」となります。

大川市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士 シールド事務所

自己破産の無料相談
所在地 司法書士 シールド事務所
大川市大字上巻484番地1号 地図
営業時間 月曜日~金曜日9:00-18:00(土曜日・日曜日・祝日は定休日)
電車アクセス 蒲池駅
電話 0944-86-6131

司法書士法で規定されている守秘義務を厳守しつつ、法務に関する様々な悩み相談を受けている、大川市にある法務事務所です。

 

「低賃金な仕事に就いているために生活苦となっており、銀行カードローンで融資を受けて生活費の補填をしていたために、借金がかさんでしまい、完済するのが厳しくなった」、「独立して事業を始めたが、事業運営に失敗をしてしまい、自己破産をして廃業をしようかと思っているが、自己破産を行った場合のメリットだけでなくデメリットについても知っておきたい」、「病院通いをしているために治療費が必要となり、そのためのお金を消費者金融でキャッシングカードを作成して調達をしていた結果、借金が膨らんでしまい、その借金返済に困っている」といった経済的に破綻している方々には、借金相談で状況把握のために事情聴取をした後に、各事案に則した借入金の整理を実行しています。

 

なお、大川市の当所で借金相談を受ける際には、「借り入れと返済を時系列で整理して借金総額の推移を表にしたメモ書き」、「取引先の金融機関との取引中に手に入れたカードや契約書、請求書などの物や書類」、「相談をする方の所得と支出、所有している財産などを書いたメモ書き」、「取引先の金融機関の利用期間、貸付金利、残債務などを書き出したメモ書き」などを持ってきていただけると、自己破産などの個々の状況にあった負債整理の方法を迅速に提示することができます。

自己破産の対象地域は福岡県大川市

上記掲載の福岡県大川市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

福岡県大川市の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

大川市のマップ

大川市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

親の連帯保証人になったばかりに、自己破産をする羽目になった

僕の両親は、僕が小学生の頃に離婚をしました。

 

僕は一人っ子だったのですが、母親に引き取られ、その後は大川市で母親との二人暮らしが始まりました。

 

母は元々はパート仕事をしていたのですが、パートの仕事では母親自身と僕の生活費を工面するのは厳しかったので、母はパート仕事を辞めて、大川市にあった大手保険会社の支店で働き始めました。

 

母は保険外交員として働いていたのですが、ほぼ休みなく働いていました。

 

僕はまだ子供だったので母の苦労が分からず、なぜもっと家にいてくれないのだろうと思っていました。

 

その後、僕は高校を卒業して、大川市にある不動産会社で社員として働き始めました。

 

その頃には、母は会社内で出世をして、担当地域の地区リーダーになっていました。

 

出世したことで、母の収入はアップし、また僕も働き始めたので、我が家の家計は余裕ができるようになりました。

 

それから数年して、僕が24歳の時に、突然、母が独立をすると言い出しました。

 

その後、母は会社を辞めて独立をして、保険会社の社員としてでなく、個人事業主として保険会社の商品の販売をするようになりました。

 

母は社員の頃は給料だったのですが、個人事業主となって以降は完全歩合制で、取った契約の金額に応じて、収入を得るようになりました。

 

そんな時に、母から事業資金を大川市の信用金庫から借りたいので、連帯保証人になって欲しいと頼まれました。

 

借金の保証人になるのは抵抗がありましたが、今まで育ててくれた母からのたっての願いだったので断ることができず、僕は連帯保証人を引き受けてしまいました。

 

そして、連帯保証人になっていたことも忘れていた頃に、母から事業が立ち行かなくなったので、自分は自己破産をするとの告白を受けました。

 

そして、私が自己破産をしてしまうと、借金の支払い義務は連帯保証人となっているあなたに生ずるから、それを回避するために、あなたも私と一緒に自己破産をして欲しいと言われました。

 

まさに青天のへきれきで、僕は戸惑ってしまいましたが、母が自己破産をしたなら僕は高額な借金を背負うことになってしまうので、それを回避するにはやっぱり僕も自己破産をするしかないと思いました。

 

そして、その後、母は僕と共に大川市で負債の整理を扱っていた弁護士の所に行って、借金相談で弁護士に事情を説明した後に、母は母本人と僕の二人分の自己破産手続きを実施してくれるように弁護士に仕事を依頼しました。

 

不幸中の幸いで、母と僕は賃貸物件に住んでいたので、自己破産をしたからといって、今住んでいる家を失うことはありませんでした。

 

母と僕が大川市の弁護士に自己破産の仕事を頼んでから、約1年弱が経過した時に、弁護士から二人の自己破産が裁判所で認められたとの連絡を受けることができました。

 

大川市の弁護士から自己破産を終えたとの一報を受けた時は、母はうれし涙を流していました。

 

母は自己破産をしたことで、仕事を失ってしまいましたが、幸いにも僕は自己破産をしても今まで通りに仕事ができているので、今現在は僕が一家の大黒柱として母を扶養しています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)