伊東市で自己破産【無料相談】弁護士の法律事務所4件

MENU

伊東市で自己破産の無料相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

自己破産

伊東市で自己破産が出来る弁護士と司法書士のリストです。

 

自己破産により借金問題を解決できる伊東市の法律事務所をご案内しています。


ネット借金無料診断のご案内

 

自己破産をしたいけど、いきなり法律事務所に相談するのは怖いなぁ。。


 

そんな時は日本全国から利用できる借金のネット無料診断を使ってみるといいよ。

 

無料だし、伊東市などの住所や名前の入力なしで匿名で使えるから安心だよ。


 

借金整理方法や借金がどれぐらい減るかも教えて貰えるよ。


 

匿名なら安心して利用できるわね。
私もさっそく使って見よう!

 

→ 借金の無料診断はこちら

 

※借金整理をしたい人は弁護士面談も可能です。


 

 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理をしたい方は、弁護士との面談可)

伊東市にある自己破産ができる弁護士事務所

該当なし

伊東市にある自己破産ができる司法書士事務所

司法書士 山田康太法務事務所

自己破産の無料相談 〇(初回)
所在地 伊東市川奈1216-30 地図
営業時間 月曜~金曜9:00-18:00(予約をすれば土曜・日曜・祝日・夜間もOK)
電車アクセス 川奈駅
電話 0557-48-7370

司法書士と行政書士の業務全般を扱っている伊東市にある法務事務所で、「初回は無料相談を実施」、「駅から近く、お客様用の駐車場を完備」、「お客様の自宅、もしくは指定場所での出張相談も実施」といった特徴を持っています。

 

「リボ払いでクレジットカードを使い続けた結果、返済に行き詰ってしまい、裁判所から給料を差押えするとの通達が届いて困り果てている」、「株式投資のブームに乗って貸金業者から借り入れをしてまで投資を始めたが、株が暴落してしまい、借りたお金の支払いができなくなってしまった」、「銀行などの金融機関から子供の教育資金を調達するために学資ローンを組んでお金を借りたが、景気低迷によって所得が減ってしまい、借りたローンの返済が困難となった」といった借金問題でピンチとなっている債務者には、事情を確認するべく借金相談を行ってから、個々のケースにあった自己破産などの手続きを施しています。

 

伊東市の当事務所における借金相談とそれ以降の処理の流れは、「電話または公式サイト問合せフォームで当事務所に連絡をして、借金相談の日時の予約をする」=>「予約した日時に当所に来所して、借金相談を受ける(借金問題を解決するための手続きを案内)」=>「正式に当所に問題解決の処理を依頼する場合には、委任状を取り交わす」=>「借金問題を解決するために自己破産などの具体的な処理を実施」=>「委任内容を達成したことで、処理を終了(必要があれば、アフターフォローを実施)」となります。

自己破産の対象地域は静岡県伊東市

上記掲載の静岡県伊東市の弁護士事務所、司法書士事務所では、自己破産手続きが可能です。

 

静岡県伊東市の伊東駅の地域で自己破産をしたい方を対象としています。

伊東市のマップ

伊東市に住んでいる人に役立つ自己破産の体験談

パチンコ・パチスロにハマってしまい、自己破産をする結果になった

僕は20代の前半に自己破産をしたので、その経緯について、ここでは説明をしたいと思います。

 

僕が始めてパチンコ屋に行ったのは、20歳の時で、僕はまだ学生でした。

 

同じ大学のサークルの友達に誘われて行ったのがきっかけでした。

 

その友達は、18歳の頃からパチンコを打っていたので、僕からみればベテランでした。

 

その友達から誘われた時は、パチンコの台を新台に入れ替えした新装開店の時で、勝ちやすい時だからとの理由で、僕のことを誘ってくれたようです。

 

夜の6時からの開店だったのですが、開店前から店前には長蛇の列ができていました。

 

そして、開店になると、人が店内にどっと押しかけて、パチンコ台の席の取り合いが始まりました。

 

僕は空いている席に座り、友達が確保した席とは少し離れたパチンコ台を何とか確保することができました。

 

その後、友達に教えてもらいながらパチンコを打ったのですが、ビギナーズラックがあったためか、打っている台で大当たりが連発しました。

 

その日は、友達も勝つことができましたが、僕は友達以上に大勝できました。

 

その後、学生時代はバイトで稼いだお金の範囲内で、僕はパチンコとパチスロを楽しみました。

 

それから大学を卒業して、僕は地元である伊東市の会社に営業職として就職しました。

 

働き始めると学生の頃とは比べ物にならない程、自分の自由にできるお金が増えました。

 

就職した直後は、僕は仕事を覚えるのが精一杯で、休みの日も心に余裕がなかったのですが、勤め始めて半年も経つと仕事に慣れてきました。

 

そして、仕事のストレス発散や息抜き目的で、僕は学生の頃にやっていたパチンコとパチスロを打つために伊東市内にあったパチンコ屋へ行くようになりました。

 

学生の頃はパチンコをメインに打っていたのですが、社会人となってからは大勝できるパチスロをメインに打つようになりました。

 

パチスロはパチンコと比較すると勝ち負けの波が激しく、大勝できるけど、大敗することも多々ありました。

 

パチスロを打って熱中したあまり、僕は給料を全部使ってしまって、次の給料日までの生活費が足りないという事態になったことがありました。

 

その時に、伊東市に支店があったサラリーマン金融で、僕は借入と返済ができるキャッシングカードを作って、生活費のためのお金を借りました。

 

キャッシングカードを使えば、伊東市の僕が住む賃貸アパートのすぐそばにあるコンビニ店舗に設置されているATMを使って、簡単にお金を借りることができました。

 

そのため、僕はまるで銀行のキャッシュカードでお金を引き出す感覚で、サラ金のキャッシングカードでお金を借りてしまいました。

 

その後、最初に借りたキャッシングカードは利用限度額までお金を借りてしまって、来月の返済日までお金を借りることができなくなったので、僕は伊東市にある別のキャッシング会社でキャッシングカードを作り、今度はそのカードを使ってお金を借りるようになりました。

 

そんなことを何度も繰り返した結果、トータル6社の金融業者から合計400万円以上の借金を作ってしまいました。

 

僕は利息の支払いにも苦労するようになり、借金返済に行き詰ったので、全ての債権者から取り立てを受けるようになりました。

 

精神的に追い込まれてしまい、仕事にも差し障りが出るようになってしまいました。

 

このままでは、仕事のミスで会社をクビになりかねないと思ったので、僕は自分の借金問題に真剣に向き合うことにしました。

 

僕は伊東市で借金問題の解決に取り組んでいる司法書士事務所を見つけることができたので、そちらに出向いて自分の借金について相談をしました。

 

僕は自分の抱えている借金の内訳と返済能力、保有資産などについて説明をした後、伊東市の司法書士からは自己破産でスッキリさせた方が良いとの提案がありました。

 

伊東市の司法書士によれば、本来なら借金の原因がギャンブルだと裁判所で自己破産は認可されないのだけど、自己破産の経験が今までにないのなら、ギャンブルが理由の借金でも十中八九、自己破産の認可を受けることができるとのことでした。

 

そのため、僕は、伊東市の司法書士に自己破産の手続きを委ねて、結果を待つことにしました。

 

伊東市の司法書士に自己破産の手続きを委ねてから約7か月が経過した時に、司法書士から僕の借金の免除が裁判所で認められたとの報告を受けることができました。

 

僕は今回、ギャンブルで自己破産したことを大いに反省し、今後は暇な時間は自己啓発のための勉強に時間を費やすように改めたいと考えています。

借金の匿名無料相談

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談
(借金整理を希望の場合は、弁護士面談も可能)