借金があるけど結婚しても大丈夫?|自己破産の神様

MENU
 

結婚式

借金をしている人は意外と多いものです。

しかし、これから結婚して新生活を始めようとする人にとっては借金は目の上のたんこぶのような存在です。借金がある時の結婚は一体どのように考えたらいいのでしょうか。

 

借金を無くして結婚するのがベスト

 
新しいことを始めるときには、できるだけマイナスが無い方がいいです。

そもそも結婚にはとてもお金がかかるものですよね。結婚式、披露宴を上げるなら数百万円はすぐに飛んでいきます。

もし借金があるのに結婚式をあげるなら、現在の負債が倍増することになります。そんなマイナスを抱えたまま新生活をスタートさせるのは、かなり厳しいものがあります。

お金がかかる結婚式や披露宴をあげなければいいという考えもありますが、二人で新生活を始めるというだけでもある程度まとまったお金が必要になります。そんなことも考えれば、できるだけ借金なんてなくして結婚した方がいいのです。
 

独身時代の借金はもめる

 
新婚時代には「愛さえあればお金なんて!」という気持ちが盛り上がっていますが、時が経てば甘い気持ちは無くなってくるものです。

そうなったときに、相手の荒が目立ってきます。お金が無いとどうしても夫婦喧嘩が多くなってきます。

愛し合っている二人でも生活に余裕がないと、どうしてもイライラしがちでぶつかり合ってしまいます。まだ二人で生活を始めてからできた借金なら共有物という意識も持ちやすいのですが、これが独身時代に作ったものだと話は別です。

「独身時代の借金なのになんで二人で返して苦労しなくてはいけないのか?」相手に対して不満に思った時、そんな考えが頭をよぎることもあります。お金のもめごとは夫婦関係にも亀裂を入れ、一気に愛を冷めさせてしまうのです。
 

借入は結婚前に伝えること

 
結婚を考えている相手がいるなら、できるだけ借金については打ち明けておいた方が楽です。

そうすればデートの時でも見栄を張らずに済むでしょう。結婚に向けて借金を整理するつもりであれば、そのことも伝えておいた方がいいです。

相手側の家族に知られたら交際自体反対される、どうしても心配させたくないという気持ちがあるなら、結婚の前にすべて整理させておくようにしましょう。最悪の場合は結婚後に借金が発覚してしまうことです。

これから夫婦として頑張っていかなくてはいけないのに、大事なお金のことを黙っていたというのであれば信頼度も下がってしまいます。借金額の問題ではないので、黙って結婚するのだけは絶対に止めましょう。
 
 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談