住宅ローン地獄から抜け出す方法|自己破産の神様

MENU
 

マイホーム

憧れのマイホームを手に入れるために30年ローンを組んで必死に払い続けている人はたくさんいます。

住宅は高価なのでほとんどの人が住宅ローンのお世話にならざるを得ません。しかし、その住宅ローンのせいで家計が圧迫され、返済地獄に陥っている人もいます。

 

住宅ローンが払えないのはなぜ?

 
そもそも住宅購入は大きな金額の買い物だからこそ、入念な返済計画を立てるのが常識です。

金融機関も厳しい審査を行い、通過した人だけが利用できるはずです。それなのにどうして払うのが苦しくなるのでしょうか?

一つの原因として考えられるのが、家計の悪化です。住宅ローンを組んだときには収入がよく余裕のあった返済計画も、年収が激減してしまえば一気に苦しくなります。

安定していると思っていた仕事も、倒産、リストラ、病気による退職などで失ってしまう恐れだってあります。そのような事が原因となり、家計が苦しくなって住宅ローンが払えなくなるのです。

また、元々余裕のないローン返済計画も返済困難を招いてしまう原因となります。返済期間を短くしようとするあまり月々の支払い額を増やしたり、頭金をあまり貯めず無理して早めにローンを組んで住宅を購入したりすると、月々の生活はかなり余裕がないものとなります。

支払い途中で返済計画を見直してみるのも大事なのですが、それをせずにローンを払うため別の借金をしてしまうことがあります。でも、結局は収入が少ないままなので、住宅ローンに別の借金が加わって債務が膨大なものになってしまいます。
 

返済不能に残された道は?

 
家計が圧迫され返済不能になった人に残された道は、個人民事再生か自己破産となります。

個人民事再生とは不動産などの資産を処分せず、他の借金だけを整理していく方法です。

裁判所に返済困難である旨を申し立てて認められれば、借金の額を百万円か借金総額の2割(どちらか少ない額)にまで減額ができます。これならせっかく購入したマイホームを手放さずに借金を減らすことができます。

ただし、住宅を手放したくないなら、住宅ローンは債務整理に含められません。債務整理した借金への返済と住宅ローンへの返済は残る訳です。個人再生をして住宅ローン以外の借金を減らしても返済不能であるなら、自己破産をするしかありません。

自己破産は全ての借金をリセットできますが、高額な資産を処分して債権者への配分に回さなくてはいけません。当然住宅は手元から離れて、競売に掛けられる運命にあります。

せっかく購入した住宅を手放すのは辛いことですが、ローン返済ができないのであればこの先まともな生活を送ることはできないでしょう。

何が最良なのかをよく考え、返済困難であることが分かっているなら最後の手段として自己破産も真剣に考えなくてはいけません。
 
 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談