借金があるけど結婚しても大丈夫?|自己破産の神様

MENU
 

結婚式

借金をしている人は意外と多いものです。

しかし、これから結婚して新生活を始めようとする人にとっては借金は目の上のたんこぶのような存在です。

借金がある時の結婚は一体どのように考えたらよいのでしょうか。


 
 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談

 

結婚相手の彼氏・彼女に借金があったらどうするか?

 

大きな借金のある人


幸せそうなカップルは世の中に多いですが、じつは将来に暗雲が立ち込めているということはよくあることです。

その代表例が、結婚を前提に付き合っている人が借金を抱えている場合です。

借金を負っている場合に、自分の悪い点を結婚相手に見せてしまうと破局してしまうとの思いから、借金を隠してしまうことが多いです。

結婚を前提にお付き合いをしている方は、相手のお金の使い方を良く観察しましょう。

例えば、頻繁にクレジットカードを使って高い買い物をしているのなら、浪費癖があって、多額の借金を抱えている可能性があります。

結婚を考えているのなら、結婚をする前に相手に直接、借金をしていないかを確認しましょう。

結婚相手の借金の状況を確認をして もし、借金を抱えていることが判明をしたなら、借金の原因によっては別れる必要があります。

結婚相手に借金がある場合には、今後の返済の見通しについて聞きましょう。

結婚相手が借金で困っているのなら、なんとか助けてあげたいと思うのが人情というものですが、借金に関しては情に流されて借金返済を手伝ってあげたり、連帯保証人になってあげるのは絶対にダメです。

付き合っている人に借金癖がある場合は、金銭的な援助で助けたとしても、また借金をしてしまい、借金問題は一向に解決しません。

借金問題は、お金を借りた個人の問題です。

仮に、金銭的な援助をしてあげても、破談や結婚後に離婚した場合には、そのお金は戻ってこない可能性がかなり高いです。

別れた後に元恋人や元配偶者に金銭的な援助をした分の慰謝料を請求しても、別れた人に多額の借金があれば無い袖は振れない状態なので、お金を取り戻すことはできません。

金銭的な援助をした場合には、相手にお金をあげたものだと考える必要があります。

もし、多額の借金を抱え込んでいて、どうしても助けてあげたいのなら金銭的な援助ではなく、債務整理の専門家に借金相談をする様に後押しをしてあげましょう。

最近では、無料で借金相談を受けている法律事務所が増えてきました。

ですから、借金に困っている結婚相手に、相談料が無料の法律事務所で借金相談をすることを勧めましょう。

付き合いを継続するか、別れるかを決断するポイント

結婚相手に借金がある場合には、次のポイントを確認した上で、お付き合いを継続するか、別れるかの判断を行いましょう。

  • 返済計画があり、完済の目途があるか?
  • 現時点で、滞納することなく、着実に返済を行っているか?
  • 生活費の管理ができているか?
  • 借金を作った事情が止む負えない理由か?
  • 借金に関して隠し事をしていないか?
  • 結婚後の家計管理について話し合いをして、お互いに納得できているか?

各項目について、もう少し詳しく解説をします。

返済計画があり、完済の目途があるか?
借金を抱えているのに、返済計画もなく完済の見込みもないようなら、返しては借りるを繰り返す借金癖がある可能性があります。

また、楽天家で借金をしていることを深刻に考えていない場合もあります。

その様な状況なら、きっぱりと別れた方が良いです。

現時点で、滞納することなく、着実に返済を行っているか?
現時点で、返済に行き詰って借金返済を滞納しているのなら、お金に関して無頓着で計画性がないと言えます。

その様な人と結婚をしても苦労をするだけなので、別れた方が良いです。

生活費の管理ができているか?
借金があるのに、高級車に乗っていたり、高級ブランド品で身を固めている様な方は、浪費癖があり、自分の生活費の管理が出来ていない状態と言えます。

収入と支出のバランスを欠いた、身の丈に合わない生活を送っている方とは、別れた方が良いでしょう。

また、あなたにお金の無心をしてくるようなら、即刻、別れるべきです。

借金を作った事情が止む負えない理由か?
借金をした理由は、結婚を考えている相手にしっかりと確認をする必要があります。

「奨学金を受けていた」、あるいは「生活をするためにクルマが必要で、身の丈にあったクルマを買うために自動車ローンを組んだ」といった理由なら、止む負えない事情なので、お付き合いを継続しても良いでしょう。

また、借金の理由が事業資金や投資の場合は、投機的な状況となっておらず、借金した以上に利益が出ているのであれば、特に問題はないでしょう。

最も問題なのが、借金の原因がパチンコやパチスロ、競輪や競艇といったギャンブルや浪費癖といった私欲によるものです。

私欲を満たす為に借金を繰り返している方は、結婚後も必ず同じことをするので、すぐにでも別れるべきです。

借金に関して隠し事をしていないか?
結婚相手に借金に関して問いただした時に、包み隠さずに正直に話をしてくれているかも重要なポイントです。

話しをはぐらかしたり、曖昧なことしか言わないようなら、そのお付き合いをしている人は信頼できない人と言えます。

信頼できない人とお付き合いをしても時間の無駄なので、早急に別れる様にしましょう。

結婚後の家計管理について話し合いをして、お互いに納得できているか?
結婚を前提にお付き合いをしているのなら、結婚後の家計管理はどちらが行うかをしっかりと話し合っておきましょう。

できれば、借金をしていない側が結婚後の家計管理を行うべきです。

結婚後の家計管理について、意見が合わずに揉めてしまうようなら、別れた方が良いでしょう。

別れずに一緒にいることを選択した場合

上記の「付き合いを継続するか、別れるかを決断するポイント」を踏まえた上で、お付き合いを継続すると決意した場合には、次の点に留意をしましょう。

借入状況について、しっかりと確認をする。

具体的には「借金総額」、「借入理由」、「借入先の数」、「返済方法」、「返済計画」、「返済状況」などについて、確認をしましょう。

また、上述しましたが結婚を考えている恋人と言えども、一線を超えないことが大切です。

あなたの借金ではないので、金銭的な援助はしない様にするべきです。

ここで甘やかしてしまうと、結婚相手は借金をしても困ったらあなたが助けてくれるものだと思ってしまいます。

 

結婚相手の親に借金がある場合

 

シニア世代


結婚相手に借金はないが、結婚相手の親に多額の借金がある場合には、あなたにどの様な影響が及ぶのでしょうか?

ここでは、結婚相手の親に多額の借金があった場合にどの様な影響があるのかについて、考察をしています。

原則として、親に借金があったとしても、その借金を子供が返済しなければならない義務はありません。

ここで、「原則として」と言ったのは、子供に借金の返済義務が生ずる例外があるからです。

その例外とは、「子供が親の借金の保証人になっていた」、「親が亡くなり相続が発生した」ときです。

子供が親の借金の「保証人」になっていた場合、親が経済的に破綻すると、お金を貸した債権者は子供に返済を要求します。

また、子供が「連帯保証人」の場合は、債権者は法的には親と子供のどちらに返済を要求しても良いので、親に経済的な余力がある場合でも、子供が借金の返済請求を受けることがあります。

また、親が亡くなって相続をする場合ですが、相続ではプラスの財産だけでなく、マイナスの借金も相続人に引き継がれます。

日本の相続制度では、親に多額の借金があった場合には、「相続放棄」という法的な救済制度が用意をされています。

相続人になったことを知ってから3カ月以内に、管轄の地方裁判所で相続放棄の申立てをすることで、相続人の立場を解消することができます。

相続により受け取れる財産より借金の方が多い場合には、手間は掛かり、期限もありますが、相続放棄を行うことで親の借金を引き継がすに済みます。

付き合っている恋人の親に借金がある場合は、その親の「保証人」にさえなっていなければ、回避策があるので問題はありませんが、「保証人」となっていた場合は恋人は親の借金を抱え込む可能性があります。

ですから、恋人が親の借金の「保証人」となっている場合は、将来的に親の借金を負う可能性があります。

「保証人」になっていると、結婚後の家庭に影響を及ぼす可能性があるので、親の借金の内容について教えてもらう必要があります。

親の借金の内様について教えてくれない場合は、別れることも視野に入れた方が良いです。

 

結婚相手が借金を滞納し続けた場合に起こること

 

差押え


ここでは、結婚相手が借金返済に行き詰ってしまい、滞納を続けた場合にどの様なことが起こるのかについて説明をしています。

債権者から電話や封書での督促

下矢印

債権者から内容証明や配達証明での督促状

下矢印

裁判所からの支払い命令

下矢印

財産の差押えの強制執行

取り立ての各段階について、捕捉をします。

債権者から電話や封書での督促

約束の期日までに借金返済を行わなかった場合には、債権者から電話あるいは封書で返済を促すための連絡が来ます。

債権者から内容証明や配達証明での督促状

債権者の返済請求を無視し続けると、「遅延損害金を加算した借金を一括返済せよ」と書かれた督促状が送られてきます。

裁判所からの支払い命令

裁判所から借金の一括返済命令と、命令に従わない場合には差し押さえを実施する旨の郵便物が特別送達で届きます。

財産の差押えの強制執行

給料や銀行預金などの財産の差押えが実施されます。


なお、返済滞納から3カ月ほど経過した時に、個人信用情報機関に遅延情報が記録されます。

個人信用情報機関に遅延情報が記録されると、金融機関のブラックリストに載った状態になるので、返済遅延の状況が改善されてから5年ほどの間は、金融機関から借り入れができなくなります。

 

借金を無くして結婚するのがベスト

 

ウェディング


新しいことを始めるときには、できるだけマイナスが無い方がよいです。

そもそも結婚にはとてもお金がかかるものですよね。

結婚式、披露宴を上げるなら数百万円はすぐに飛んでいきます。

もし、既に借金があるのに、さらに結婚式ローンを組んでまで挙式をあげるとしたら、現在の借金は倍増することになります。

そんなマイナスを抱えたまま新生活をスタートさせるのは、かなり厳しいものがあります。

お金がかかる結婚式や披露宴をあげなければいいという考えもありますが、二人で新生活を始めるというだけでもある程度まとまったお金が必要になります。

そんなことも考えれば、出来れば借金をなくしてから結婚した方がよいです。

 

独身時代の借金はもめる

 

夫婦喧嘩


新婚時代には「愛さえあればお金なんて!」という気持ちが盛り上がっていますが、時が経てば甘い気持ちは無くなってくるものです。

そうなったときに、相手の荒が目立ってきます。

お金が無いとどうしても夫婦喧嘩が多くなってきます。

愛し合っている二人でも生活に余裕がないと、どうしてもイライラしがちでぶつかり合ってしまいます。

二人で生活を始めてからできた借金なら共有物という意識も持ちやすいですが、これが独身時代に作ったものだと話は別です。

「独身時代の借金なのに、なんで二人で返すという苦労をしなくてはいけないのか?」相手に対して不満に思った時、そんな考えが頭をよぎることもあります。

お金のもめごとは夫婦関係にも亀裂を入れ、一気に愛を冷めさせてしまうのです。

 

借金があることは結婚前に伝えること

 

打ち明け


結婚を考えている相手がいるなら、できるだけ借金については打ち明けておいた方が楽です。

そうすれば、デートの時でも見栄を張らずに済むでしょう。

結婚に向けて借金を整理するつもりであれば、そのことも伝えておいた方がよいです。

「相手側の家族に知られたら交際自体を反対される」、「どうしても心配させたくない」という気持ちがあるなら、結婚の前にすべての借金を整理しておくようにしましょう。

最悪の場合は、結婚後に借金が発覚してしまうことです。

借金があることを黙って結婚した場合のデメリットは次の様になります。

  • 借金がバレないかと、常にビクビクしなければならなくなる。
  • 家庭を持つと経済的な負担が増えるのに、借金問題を持ち越すことになる。
  • 借金返済が家計の負担となり、家族に迷惑を掛けてしまう。
  • 返済を遅延すると、督促が来て家族にばれてしまうので、絶対に遅延できない。
  • 最悪の場合、離婚となる。

「借金返済が家計の負担となり、家族に迷惑を掛けてしまう」の具体例を挙げると次の様になります。

  • 借金を完済するまで、子供を作れない。
  • 子供に良い教育を受けさせることができない。
  • 家族で旅行や遊びに行くことができない。
  • ブラックリスト入りした場合、ローンが組めない。
  • 返済遅延を続けた場合、銀行預金口座や給料が差し押さえされる。

なお、ブラックリスト入りでローンが組めなくなるのは、夫婦で借金を負っている側だけで、借金を負っていない配偶者は問題なくローンを組むことができます。


これから夫婦として頑張っていかなくてはいけないのに、結婚をするまで大事なお金のことを黙っていたというのであれば信頼度も下がってしまいます。

借金額の問題ではないので、借金があることを黙って結婚するのだけは絶対に止めましょう。

 

借金返済が厳しいなら借金整理がお勧め

 

お願いをする人


結婚相手が、返済が厳しいほどの多額の借金を抱えていたり、多重債務になっていた場合には、借金整理をすることを考えましょう。

借金整理とは、借金の減額や免除を実現することで、完済ができる状態までに借金の返済負担を減らすことです。

主な借金整理の方法は、次の通りです。

  • 借金の一本化
  • 退職金で返済
  • 生命保険を解約
  • 弁護士または司法書士に債務整理を依頼

各項目について、捕捉をします。

借金の一本化

借入先が複数ある時に、借入先を1社にまとめることを借金の一本化と言います。

借金の一本化を行う際には、銀行やキャッシング会社が提供をしている「おまとめローン」を利用する場合が多いです。

低金利の「おまとめローン」を借りることで、毎月の利息額を減らし、返済の管理も楽になります。

退職金で返済

借金を負っている結婚相手が女性の場合は、会社勤めをしているのなら寿退社をすることで、退職金をもらうことができます。

退職金を借金返済に充てることで、借金の完済や大幅減額ができます。

生命保険を解約

借金返済をしつつ、毎月、生命保険の保険金も支払っているという方は、最優先すべきなのは借金返済なので、契約している生命保険を解約するようにしましょう。

生命保険の解約で得たお金を借金返済に充当することで、借入残高の減額を実現できます。

弁護士または司法書士に債務整理を依頼

債務整理とは、法的な手続きなどを駆使して、借金を大幅に減らす、または借金そのものを無しにする手続きの事です。

一般的に債務整理手続きは、債務整理に熟知した弁護士または司法書士に借金問題の解決を依頼することになります。

債務整理を専門家に依頼するメリット
弁護士あるいは司法書士に債務整理を依頼することで得られるメリットは次の通りです。

  • 借金相談は無料の場合が多い。
  • 債権者からの取り立てが止まる。
  • 債権者への借金返済を中断できる。
  • 適切な借金問題の解決方法を提示して貰える。
  • 書類作成や手続きの進行をサポートして貰える。
  • 周囲にバレずに借金問題を解決できる。

債務整理を専門家に依頼した場合のデメリット
一方、債務整理を弁護士、あるいは司法書士に依頼した場合のデメリットは次の通りです。

  • 金融機関のブラックリストに載ることにより、5~10年間、金融機関で借金ができない。
  • 債務整理費用が掛かる

なお、ブラックリストに載るのは、借金をした本人だけです。

配偶者の方は、金融機関から借金ができるので、信販会社のクレジットカードや銀行の自動車ローン、住宅ローンなどを普通に利用することができます。

また、家族カードを発行できるクレジットカードを作れば、ブラックリストに載っている方も家族カードでクレジットカードを利用することが可能です。

債務整理に掛かる費用ですが、弁護士費用が掛かります。

また、債務整理方法で個人再生・特定調停・自己破産を選んだ場合には、裁判所費用も掛かります。

債務整理の費用で不安を抱えている方は、最近では着手金なしや分割払いOKの法律事務所・司法書士事務所が増えているので、その様な費用の支払いに配慮をした事務所に債務整理を依頼すると良いです。

債務整理の方法
債務整理の方法には、任意整理、過払金返還請求、個人再生、特定調停、自己破産があります。

それぞれの方法について、簡単に特徴を説明していきます。

任意整理
裁判外で、貸金業者などの債権者と直接、今後の利息カットなどの和解を図る方法です。

裁判所を使わないので費用が安く、手続きは最短3カ月程度なのであまり時間が掛からないという特徴があります。

過払金返還請求
長期に渡り、借金返済を続けている場合には、債権者に払い過ぎた利息金である「過払金」が発生している場合があります。

この過払金を、債権者から取り戻す手続きが過払金返還請求です。

債務整理を手掛けているほとんどの法律事務所・司法書士事務所では、過払金の有無の調査を無料で実施しています。

個人再生
マイホームなどの財産を手放さなくて済む方法で、最大1/5に圧縮した借金を原則3年間で完済します。

個人再生には、自営業者向けの「小規模個人再生」と会社員向けの「給与所得者再生」の2種類の方法があります。

なお、個人再生は、安定した収入を得ており、かつ住宅ローンを除いた借金総額が5千万円以下でないと利用することができません。

特定調停
裁判所で選ばれた調停委員が、利害関係者である債務者と債権者の仲立ちを行います。

話がまとまれば調書が作成され、当事者には調書により確定判決と同等の強制力が及びます。

借金の減額内容は、今後の利息カットなどです。

自己破産
債務者の全財産を処分したとしても完済が無理な状況の時に、債務者の財産を清算することで多額の借金から救済する制度です。

20万円を超えるほとんどの財産を失いますが、裁判所で免責許可の決定が出ることで、未納の税金などの非免責債権を除外して、すべての借金は帳消しになり返済義務を免れることができます。


どの債務整理方法を選ぶかは、依頼者本人の意向や借金状況、家計の収支、家庭環境などを踏まえた上で、弁護士(司法書士)と相談をして決めることになります。

債務整理を行うタイミング

債務整理を行うタイミングには、結婚前と結婚後があります。

ここでは、結婚前と結婚後のそれぞれのタイミングで債務整理を行った場合のメリットとデメリットについて、説明をしています。

結婚前に債務整理をするメリット
債務整理を専門家に依頼した場合、債権者や裁判所とのやり取りは専門家に任せることができるので、結婚相手に借金問題を抱えていることがバレにくいです。

また、仮に結婚相手に債務整理していることがバレたとしても、「結婚前に金銭の身辺整理をして身ぎれいになってから結婚をしようと考えていた」と伝えれば、結婚相手も納得をしてくれるでしょう。

また、結婚前に債務整理を実施すれば、借金返済の負担軽減、もしくは借金の帳消しができるので、家庭を持った時に相手に迷惑を掛ける度合いを少なくすることができます。

結婚前に債務整理をするデメリット
債務整理の手続きを終えるには、最長で1年ぐらい掛かります。

出来るだけ早く結婚をしたいと思っていても、債務整理の手続きを終えてから結婚をするとなると、結婚する時期が遅れることになります。

結婚後に債務整理をするメリット
結婚の時期を遅らせることなく、スムーズに結婚をすることができます。

結婚後に債務整理をするデメリット
借金問題を結婚後にまで持ち越すことになり、債務整理手続きを終えるまでの間、配偶者にも借金生活を負わせることになります。

また、債務整理手続きを開始する前だと、借金の返済をする必要があります。

そのため、生活苦となり、新婚生活が上手く行かない可能性があります。

また、内緒で債務整理をしようとした場合、結婚後は同じ家に住んでいるので、郵便物などで配偶者に債務整理のことがバレてしまう危険性があります。

借金のことを隠していた場合は、離婚になる可能性もあります。

たとえ、あなたが離婚に応じなくても、離婚訴訟を起こされてて、裁判所判断で離婚が成立する可能性が高いです。


債務整理をするなら、結婚後だと家庭生活が上手く行かなくなる可能性があるので、結婚前に行うことを強くお勧めします。


 
 

↓↓ タップ ↓↓
借金の匿名無料相談